【さよなら絵梨】映画好きに刺さる【傑作漫画】

漫画・アニメ

ジャンプ+で掲載されている読切漫画作品「さよなら絵梨」を読みました。

作者の映画への愛がよく伝わってきます。

二転三転するストーリー展開はまるで、映画のよう。

二次元作品でここまで”映画を感じられる作品”は他にはありません。

作品と見どころについて解説します!

はじめに

さよなら絵梨」はウェブ漫画サイト少年ジャンプ+で公開されている作品です。

病の母が死ぬまで、スマートフォンで撮影をしていた優太。彼は母の死後、自殺をするために向かった病院の屋上で、とある少女に出会い、映画を撮影することになるのだが……!?

https://shonenjumpplus.com/episode/3269754496858728104

ファイアパンチ」「チェンソーマン」「ルックバック」と名作を生み続けている藤本先生の最新作です!!

私は中でも「チェンソーマン」が大好きです!過去にも「好きなキャラランキング」記事を書いております。

使用された映画ネタ

さよなら絵梨」は主人公が映画を撮ることが大筋です。映画をうまく撮影するという目標に向かって、数々の映画作品を鑑賞します。

また、オマージュ的な登場のさせ方も多く観られます。

いずれかのかたちで登場した映画がこちらです↓↓↓↓↓

シックスセンス

ぼくのエリ

インタビューウィズヴァンパイア

ファイトクラブ

メメント

君の名前で僕を呼んで

ジョンウィック

パーマネント野ばら

とくに「ファイトクラブ」と「ぼくのエリ」、「インタビューウィズヴァンパイア」はかなり重要に絡んでいるように思います。

藤本タツキ先生は本当に映画好きだとよくわかります!

二転三転のストーリー

ストーリーがかなり入り組んでいます。一筋縄ではいきません。

それこそ、「ファイトクラブ」や「シックスセンス」、「メメント」のようにぐるぐる回ります。

私は「さよなら絵梨」の中で、三度騙されました…。

非常によく練られた作品です。

ファンタジーをひとつまみ

作中に「ファンタジーをひとつまみ」という表現が何度か登場します。

主人公が作る映画には、「ファンタジーがひとつまみ」入っているのだそうです。

現実的なお話の中に、少しだけファンタジー要素を入れるという意味です。

オシャレな表現であると同時に、そういう作品、たまにあるなと思いました。

例えば何度か出ている「ファイトクラブ」もそうですし、

最近鑑賞した「ガガーリン」もそうでした。

こういった作品って、拍子抜けするパターンもありますが、なんだか妙に後を引く、印象深い作品になることが多いです。

作者の意図も考えたくなります。

おかえり絵梨」の中にも「ファンタジーがひとつまみ」入ってます。

どこがファンタジーなのか、考えながら読んでみてほしいです。

見る度に貴方に会える

見る度に貴方に会える」も作中に登場するセリフです。

映画の本質を押さえている、名ゼリフだと思いました。

映画を観れば、いつでも

ジェームズスチュアートに会える

三浦春馬に会える

大杉連にも、高倉健にも、リバーフェニックスにも、ロビンウィリアムスにも、樹木希林にも会える。

映画の中には、素敵なあの人が映っている。

写真と同じように、映画も思い出の記録なのだと気づかされました。

最後までお読みいただきありがとうございます!

「ファイトクラブ」を観たくなりました。

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました