【因縁の対決再び】クリード 炎の宿敵

映画

映画「クリード 炎の宿敵」を鑑賞しました。

ロッキーファンにはたまらない、過去作への愛に溢れた作品でした。

比較しながら魅力をお伝えします。

 

結論

  • そういえば当時はソ連でしたね
  • 今回はハングリーvsハングリー
  • ドルフラングレンカッコいい
  • スタローン可愛い
  • なんだかんだであの曲で泣きますね
  • スーパーボールが最高です

はじめに

クリード 炎の宿敵 は2018年の作品です。

『ロッキー』シリーズでロッキー・バルボアと激闘を繰り広げたアポロ・クリードの息子を主人公に据えた『クリード チャンプを継ぐ男』の続編。父の命を奪ったイワン・ドラゴの息子との戦いを軸に、クリードがさらなる成長を遂げる。監督は短編やテレビシリーズを手掛けてきたスティーヴン・ケイプル・Jr。シルヴェスター・スタローン、マイケル・B・ジョーダンらが前作に続いて出演している。

https://movies.yahoo.co.jp/movie/364743/

同じキャストや、因縁を色濃く踏襲しており、オールドファンにはたまらない作品です!

見どころ解説いきましょう!

そういえば当時はソ連でしたね

ロッキー4 炎の友情」は1986年の作品の為、当時はまだソ連でした。

ソ連とアメリカが激しく科学技術でしのぎを削っていた時代です。

主にロケット開発において。その代理戦争的な意味合いで、ロッキーとドラゴが闘ったという感じ。

ハングリー×ハングリー

そのため、「ロッキー4」では、ソ連のトレーニングはテクノロジーをふんだんに取り入れたメニューとなっていました。

ロッキーサイドは泥臭いトレーニングでそれに対します。

つまり「ロッキー4」ではハイテク×根性でした。

しかし今作はハングリー×ハングリーです。現在の状況を揶揄しているのかもしれません。

ドルフ・ラングレンカッコいい

若いころのドルフ・ラングレンはとても美しく、かっこよかったです。

歳をとった見た目はいったいどうなのか…。心配でしたが…、

とてもカッコいいです!

凛々しい顔に、渋みが乗っかり、かなりいい感じ。ぜひご確認ください♬

スタローン喜ぶの可愛い

そして我らがスタローンは相変わらずのマッチョおじさんでしたが、今回リングの上でピョンピョン喜ぶシーンが観られます笑

とても可愛いです。

特訓のシーンです。お見逃しなく!!!

なんだかんだであの曲で泣きますね

そしてそして!ファン待望のロッキーのテーマは健在でした!!

クリード チャンプを継ぐ者」から、ラップが頻繁にかかる傾向があり、それは今作も同様でしたが、ご安心を。

終盤ではあの音楽きっちり流れます。最高のタイミングですので、最後の試合前には、ハンカチを構えておいてください。

スーパーボール

ロッキー」の一作目で、スタローンがスーパーボールのような者で遊んでいたのを覚えていますでしょうか。

今作では何度かロッキーがあの頃と同じように、ボールをつくシーンがみられます。

私はここが一番グッときました。これまでの作品とファンを大事にしているような愛情を感じます。

最後までお読みいただきありがとうございます!

やっぱりなんだかんだ私はロッキーシリーズのベタな展開が好きです。

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

こちらの作品はAmazon Prime Videoで観ることもできます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました