「バズ・ライトイヤー」問題のシーンとオマージュについて解説

人気記事

映画「バズ・ライトイヤー」を鑑賞しました!

ネタバレなしで映画の感想・見どころを5つ解説します。

バズ・ライトイヤーってどんな映画?

映画の概要を知りたいかたは、こちらの記事に詳しくまとめましたので、ぜひご一読ください。

感想1 アンディの気持ちが分かった

トイストーリーのおもちゃの持ち主「アンディ」が、

「バズ人形」を欲しがるほど夢中になった理由がよ~くわかりました。

観られた方や、お子様と一緒に行った方は、「アンディ」と同じように、自身用やお子様用にバズ人形を購入したくなったのではありませんか?笑

新旧どちらにしようか絶妙に悩みますね…!!

下記に新旧バズ人形の購入リンクを貼っておきます!画像クリックで購入画面にジャンプできます。

感想2 ネコロボ「ソックス」が有能すぎ!

新キャラクター、ネコロボットのソックスがとても有能でした。

キュートさもさることながら、相棒としての有能さがとても目立っていました。

実は、登場する誰よりも、ミスなく活躍していたのではないでしょうか。

バズライトイヤーよりも笑

「え、そんなことも出来ちゃうの?」

「もうちょっとボケたり、ダメでもいいんやで?」

と思うほどでした笑

感想3 IMAX4D3Dがとてもオススメ

ちょっとリッチに、IMAX4D3Dで鑑賞しました。

バズライトイヤーでは、飛行機のシーンや、激しいアクションシーンがたくさんあります。

そのため、揺れるシートはとても楽しめます!

また、3Dの質もとても高いです。

宇宙空間のシーンや、ヘルメットを被ったバズの顔がうっすら反射して映るシーンの美しさは、3Dならではです。

ディズニーランドのアトラクションを、たっぷり100分楽しむような、贅沢な経験になりますよ🤤

感想4 問題のシーンはとても自然だった

予習記事にて、海外で上映禁止となっている旨を解説しました。

同性愛描写のシーンがあるという理由で上映できないという、問題のシーン。

鑑賞しましたが、わずか1秒にも満たないような、とてもライトで自然な内容でした。

私は、近年のお説教のようなこれ見よがしな同性愛や人種など、マイノリティへの配慮は好きではありません。

しかし「バズ・ライトイヤー」に関しては、見事な挿入でした。あれを嫌がる人はかなり少ないはず。さすがピクサー。

感想5 キューブリックオマージュは?

ピクサー作品は、キューブリックのオマージュがたくさんあります!

今回もあるのかどうかは、私が最も気にしていたポイントです!

こちらはブログで解説します🤣

トイ・ストーリーシリーズで最も多い、シャイニングのオマージュは、残念ながら一度の鑑賞で、確信できるものはありませんでした。

しかし、「2001年宇宙の旅」のオマージュっぽいシーンは何点かありました。

オマージュ1 HAL(ハル)に似たコントロールシステム

バズと一行がエネルギーを手に入れるために潜入する建物のシステムや、敵ロボットの目HAL(ハル)そっくりです。

オマージュ2 宇宙空間に体ひとつで

詳しくは語りませんが、宇宙空間に放り出されるシーンからの、ハッチを閉めるシーンは、2001年宇宙の旅によく似ています。

今日の映学

最後までお読みいただきありがとうございます!

管理人
管理人

「バズ・ライトイヤー」の感想をお伝えしました。

4D3Dがオススメで、ネコロボットが素敵だということと、問題のシーンや、オマージュに関しても、詳しく解説しました♬鑑賞後は思い切ってバズ人形を買っちゃいましょう!!

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました