さすがさがすの監督です

映画

 



ゾンプラで「そこにいた男」を鑑賞しました。

今作がゾクゾクする理由を3つ紹介します!

深夜、とあるマンション内のエレベーターホールで血だらけの女(紗希)が座り込んでいる。煙草を吸いながらスマホで誰かに電話している。その横には、意識朦朧とした血まみれの男(翔)が倒れている。その光景にカメラを向ける住人ら、慌ただしく無線を飛ばす警官たち。取調室、二人の刑事と虚ろな目をした紗希がいる。柔和で悲しげな表情を浮かべながら、翔との関係を話し出す。ふたりの出会いは2年前にさかのぼる。映画製作のスタッフで下働きをしていた紗希は、撮影現場で俳優の翔に出会う。連絡先を交換し、ほどなくしてふたりは、体の関係を持つまでになる。紗希は翔を愛し、借金を重ね、番組の製作費を盗んでまで翔に身も心も捧げていた。だが、そんな翔に「もう一人の女」の影が…事件に至るまでの全貌が明らかになるとき、女たちの狂った「純愛のかたち」を知ることになる…
Amazon Prime Videoより引用

2020年の日本映画。30分の少し過激なサスペンスです。血が苦手な人はご注意を。

それではゾクゾクポイントいきましょう!

ゾクゾクその1 「さがす」の監督

1月に公開された映画「さがす」をご覧になられましたでしょうか。

この作品、すごいです。私たちの隣に潜んでいそうな恐怖を見事に描いています。

「そこにいた男」も片山慎三監督によるショートムービーです。

「そこにいた男」も同じ雰囲気あります!「さがす」が面白かった人はぜひ!

ゾクゾクその2 必殺、十文字切り!

画像1

これは最後まで観ればわかります!

スラッシャー平気なわたしですが、結構過激に感じました笑

恋は盲目ですな。

スプラッター映画好きは観てみてもいいかもしれません。

ゾクゾクその3 この映画の製作は1枚の写真からはじまった…

画像2

こちらはブログにて!!重要なポイントです。タイトル回収です。↓

「新宿ホスト殺害未遂事件」をご存じでしょうか。

私はたまたまフレッシュなタイミングでネットに転がっている写真を見ました。Twitterを騒がせた事件ですね。こちら、かなりショッキングな写真にいきつく可能性がありますのでくれぐれもご注意を!

この映画の冒頭とかなり近い構図の事件が、2019年に起こったのです。

それに衝撃を受けた片山慎三監督が今作の製作を考えたそうな。

だからこそ、日常に潜むドラマやお隣のバイオレンスをゾクゾクと感じるのでしょうね。

最後までお読みいただきありがとうございます!

次は「岬の兄妹」観たいなぁ。怖いなぁ。

こちらの作品はAmazon Prime Videoで観ることができます♪

 

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました