後味不快!もやもやもや。

映画

 



ゾンプラで「殺人の追憶」を鑑賞しました。

なかなかヘビーなこちら。見どころを解説します!

はじめに

1986年、ソウル近郊の農村で若い女性の無残な死体が発見された。その後も同じ手口の殺人事件が相次いで発生。地元の刑事パク・トゥマン、ソウル市警から派遣されたソ・テユン刑事らが事件に挑むが、性格も捜査方法も違う2人は衝突を繰り返す。捜査が難航する中、ラジオから“憂欝な手紙”という曲が流れた時に殺人が起こることが判明。リクエスト葉書からパク・ヒョンギュという青年を容疑者として割り出すのだが…。
Amazon Primeビデオより引用

2003年に公開された韓国映画です。監督ポン・ジュノ、主演ソンガンホの最強タッグ。パラサイトコンビです。

リアリティ抜群

画像1

いわゆる刑事ものです。実在の事件をベースにしています。

そのため、事件の設定や概要はもちろん、一昔前の韓国警察事情がなんともリアルな雰囲気です。

結構悪いこともしているので、なんとも言えない危うさがあります。

そこがまた面白い!韓国の裏側をちょっと覗いてみたい人にはおすすめです。

サスペンスとサイコスリラーの中道

画像2

今作、ゴリゴリのシリアルキラーによる犯行です。

そして、結構二転三転と展開していきます。

これが、実際の事件というのだから恐ろしい。

絶妙にドラマチックで、リアルで、サスペンスフルです!

ラストのモヤモヤ感!!

画像3

こちらはブログで!案外これが一番味わい深いポイントで、印象的でした。

真相がどのようなものかは控えますが、とにかくモヤっとした気持ちのまま終わります。

スカッとする人は0人でしょう笑

パラサイトで味わった感覚と同じです。救われず、なんとも気味の悪い後味を残す終わり方。

たま~にああいうの、観たくなりますよね。

最後までお読みいただきありがとうございます!

切なさや、心に靄をかけたいときは超おすすです。ゾンプラで観られます!

 

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました