【透明人間】スターク社長よりも…?

映画

ゾンプラで「透明人間」を鑑賞しました。

今作を楽しむ4つのポイントを解説します。

はじめに

ゾンプラで「透明人間」を鑑賞しました。

今作を楽しむ4つのポイントを解説します。

天才科学者にしてソシオパスの元恋人が透明人間になり、自分を苦しめていると訴える女性を描くサイコスリラー。『パラノーマル・アクティビティ』『パージ』シリーズなどに携ってきたジェイソン・ブラムがプロデューサーを務め、『ソウ』シリーズの脚本家で『アップグレード』を監督したリー・ワネルがメガホンを取った。主人公を演じるのは『アス』などのエリザベス・モス、オルディス・ホッジ、 ストーム・リードらが共演。
youtubeより引用

これらの作品を観た人はわかると思います。

めっちゃ「なるほど」って感じです。

それでは今作を、より楽しむ4つのポイントいきましょう!

何もかも裏目に出る恐ろしさ

見えない相手をどう避ければよいか、という恐怖が「透明人間」が相手だと真っ先に思い浮かぶと思います。

しかし、違いました…。透明人間をいいことに、自分が不利になるように仕向けられるのが最も恐ろしいのです。

デバイスを勝手に操作される、罪を被せられるなどなど…。

透明人間と闘う時のいい参考になりました笑

超納得の結末

かなり鑑賞後感はいいです!

すっきり終わりますので、ご安心を。これっきゃないって感じ。

途中不安になりますが大丈夫。安心してほしいです。

一瞬あいつが

画像1

SAWシリーズの脚本家であることから、JIGSAWが一瞬出演しています。

物語中盤以降です。SAWファンはお見逃しなく。テンション上がります。

トニー・スタークより強いかもしれない理由

画像2

こちらの内容は、ブログにて。あのアイアンマン、トニー・スタークより強い理由を解説します。MCUファンお手柔らかに↓↓↓↓↓↓↓↓

心理学×科学×体術×財力を持つエイドリアン。トニー・スタークとよく似てますね。

財力はスタークほどではないかもですが、

科学に長け、シンプルなケンカもめっっっちゃ強いです。

特に心理学的な面に注目。スタークとハンニバル・レクターを合わせたような恐ろしさがあります。

もう勘弁して…。って感じのしつこさもまた魅力。主人公を追い詰めるタクティクスには脱帽。

最後までお読みいただきありがとうございます!

フォロワーの皆様がおすすめしている理由がよくわかりました。

こちらの作品、Amazon Prime Videoで鑑賞できます♪

 

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました