理解可能な範疇だと痛そう

映画

拷問男を観た感想です。50秒で読めます。

スプラッターの秘密がわかりますよ。

はじめに

「拷問男」は2012年のオーストラリア映画です。

ストレートすぎるタイトル!

では原題は?「Torture Man」か?

ノンノン。「Daddy’s Little Girl」です。

出ましたねー。良くも悪くも日本の内容バレ系のタイトル笑

サーフショップを営む別居男性の娘が何者かに命を奪われ、警察より先に犯人を割り出し、拷問しちゃう系ムービーです。

楽しむポイント3点・感想

拷問男がより面白くなるポイント3点です。

スプラット側の気持ちになれる

まあ、タイトルの通り、スプラッター映画です。

私はやや苦手です。ぐろいのを観たくないというよりも、スプラッターを見ても学びを得られない場合が多いからです。

しかし、今作は、愉快犯ではなく、お父さんの復讐劇となっているので、結構面白かったです。

サイコパスではないあなたでも、スプラット側の気持ちに立ちやすいという稀有な映画です。

オーストラリアならでは?

オーストラリア映画って割と珍しいですよね。

オーストラリア映画らしく、サーファーや海がよく出てきます。

また、オーストラリアは日本やアメリカと違って、人口が少ない。だからこそ、このストーリーになったのかなあと感じます。

日本の田舎をテーマにした映画にありそうな雰囲気がありました。

こちらを読まれるとより理解できます↓↓↓↓↓↓↓↓

理解できると痛そう

そして、タイトル回収になります。

今作、犯人は、様々な拷問をダディから受けます。

一番痛そうなのは、歯を抜かれるシーンでした。

指切られたり、お腹バーナーでアチチされたりするのにです。

なぜか。

それは、抜歯は痛みを共感できるからではないでしょうか。

子どものころ、歯を抜いた経験、ありますよね。

歯医者、今でもちょっと怖いですよね。

チェンソーで切られたことは、ないですよね笑

身体が木っ端微塵になるようなのも、痛そうじゃないですね。

マーベルヒーローが顔面パンチされても。

共感、理解が追い付かないからでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

でも、たまーに見せ方上手すぎて、過剰でも「うわぁ」ってなる時、ありますね。悪魔のいけにえとか。

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました