【時をかける少女】時をかけるボーイッシュ原田

映画



角川映画祭にて、名作「時をかける少女」を鑑賞しました。

見どころを5つ解説します!5倍楽しめますよ♪

見どころ

大林宣彦ワールドが気持ちいい

ボーイッシュ原田知世

キチンとSF

ノスタルジックな尾道の風景

エンドロールは泣けます

はじめに

「時をかける少女」は1983年作品です。

監督は大林宣彦、原作は筒井康隆、主演は原田知世という磐石の布陣です。

大林宣彦による尾道三部作のひとつです。

角川映画祭、何を観ようか非常に迷っていますが、大林宣彦ワールドが好きなので、時をかける少女とねらわれた学園を選択しました♪

大林宣彦ワールドが気持ちいい

時をかける少女、アニメは何度も観ていますが、1982年版は初めてでした。

大林宣彦ワールド全開でした。

特に、ラスト15分あたりからのストップモーションやCGっぽい演出は、やや過剰でアンバランスでサイコな雰囲気が漂っています。
力を入れて作ったであろうことがよく伝わり、ジーンときました。

ボーイッシュ原田知世

今でこそ、ナチュラル系の美しい女優代表とも言える原田知世。

この時の短い髪型は必見。

それでも溢れる愛嬌。凄まじいです。

キチンとSF

しっかりSFやってます。

古い映画だからこそ、むしろ今よりもSF信仰が厚く、しっかり作り込まれているように感じました。

タイムリープという単語や、記憶に関する設定はお見事。

ノスタルジックな尾道の風景

尾道三部作と言われるだけあり、景色の美しさたるや、素晴らしいものがあります。

さびしんぼうよりも、風景や街並みを目立たせていたように感じました。

いつか、あの石畳の街を登ってみたいです。

エンドロールは泣けます

エンドロールまで立ってはいけません!

映画のシーンごとに、原田知世が歌う演出は最高でした。

書き下ろしただけあって曲のマッチ具合も半端ないです。

あれを聴くため観るためにもう一度はじめから観たいくらいです。

私は鳥肌を立てて泣きました笑

最後までお読みいただきありがとうございます!

とっっっても観てよかったです。

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました