【ねらわれた学園】あの頃の君はエスパーでした

映画

 



角川映画祭で「ねらわれた学園」を観たので、見どころを解説します。

noteでは2つ、ブログでは5つ解説します!

見どころ

若き薬師丸ひろ子

長谷川真砂美も負けてはいない

ラスト30分はクレイジーでサイケデリック

シュールギャグ満載(昭和感のあるサービスショットも)

鉄骨にメタファーあり?

 



はじめに

『ねらわれた学園』(ねらわれたがくえん)は、1981年に公開された薬師丸ひろ子主演・大林宣彦監督による日本映画です。

眉村卓の少年少女向け小説『ねらわれた学園』が原作です。

私は、角川映画祭にて「時をかける少女」を観た後にこちらを鑑賞しました。

若き薬師丸ひろ子

一番の見どころはこれかもしれませんね。

画像1

賢いけど、少し活発なところもある、魅力的な役どころでした。

長谷川真砂美も負けてはいない

薬師丸ひろ子ほど目立ちませんが、長谷川真砂美も美しかったです。

画像2

清楚で強気な役どころが素敵でした。

ラスト30分はクレイジーでサイケデリック

ラスト30分はサイキックな展開となります。

色使いや演出が非常にチカチカとして、サイケデリックな雰囲気です。

飲みながら見たら飛んでしまうかも笑

シュールギャグ満載(昭和感のあるサービスショットも)

大林宣彦らしい、シュールなギャグが随所にちりばめられています。

セクシーなシーンもありました。

どこが笑えるポイントなのかわからないシーンもありました笑

エンドロールで「パンツを見せる女子」みたいな役名があったのが一番面白かったです。

鉄骨にメタファーあり?

何度か工事中の鉄骨むき出しのビルが映ります。

それがどうも十字架にしか見えません。

ストーリーに宗教観や死のイメージはそこまでないのでたまたまなのか…。

気になる雰囲気です。

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました