浅いほど、ずっと観ていたい

映画

「サイコ・ゴアマン」をシネマートで観たよ。

感想と気づき、そこから得た学びを書きます。1分で読めます。

 



こちら、B級映画への愛がたっぷり詰まっている作品でした。チラシにもそう書かれています。

SF、コメディといった感じです。

感想は、本当に観てよかった。ずっと終わらなければいいのにと思える作品でした。

ざっくりあらすじを書くと、兄妹がある日、宇宙生命体とコンタクトし、すごく強く危険なやつだけども、なんだかんだで、コントロールし、交流を深めていくといったお話。

あらすじだけ読むとありがちに見えるが、そうじゃない。

主人公の少女「ミミ」のキャラが強烈。優しい心をもっているわけでもなく、いじめられっこなわけでもない。超自己中な問題児なのである。

ドラえもんしかり、ETしかり、どこか弱弱しげな少年がSFの人外生命体と関わるうえではマストにされがちだが、ミミちゃんは正反対。超今風。

しかもたくましい性格なので、ちびまる子ちゃんやじゃりン子チエに、ガチでSFの要素が入ってきたような作品です笑

だから、面白い。

キックアスのヒットガールくらい強烈で、ナポレオンダイナマイトくらい、ぶっ飛んでいる。

でも可愛い。本当に斬新なSFだなあと思う。ロッキーホラーショーに似たインパクトだ。

タイトル回収です。

この作品は、深いメッセージがない。でも、そんな作品こそ、ストレスがなく、ずっと観ていたい気にさせる。なにせ、魅力的なキャラクターがいっぱいだ。

あの頃のスターウォーズや、トータルリコールなどの宇宙人って、とても愛嬌があり、何度も見たくなりますよね。そんな感じです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

最近だと私は「ドクタースリープ」を観て同じ気持ちになりました。あれも、魅力的なキャラクターがいっぱい。あー、また観たい。

次はロメロをやるらしいので、行くぜ。シネマート。


コメント

タイトルとURLをコピーしました