【リトルダンサー】闘いは続く あなたも渦中にいる

映画

“人は使命を持って生きる”
“サシャはみんなの意識を変えるために生きている”

映画「リトル・ガール」を観た感想や見どころの紹介です。これからの方も、もう観た方も、この記事を読めば3倍楽しめるようになりますよ。

noteでは結論の一部をご紹介します。大トロ部分はブログをご覧ください!

結論

・兄と姉の人格者ぶりに驚く

・7歳だってキチンと辛い

・実際どの程度受け入れられないものなのかは考えてみたい

はじめに

Little Girl(Petite Fille) 監督:セバスチャン・リフシッツ

2020年のフランス映画です。2021年11月30日現在シネリーブルで公開中。

学校から、女の子と認めてもらえない7歳のサシャ(身体は男の子)と、子どもの自由と幸せを守りたいと願う家族。

ゆずれない闘いを映した心震えるドキュメンタリーです。

・兄と姉の人格者ぶりに驚く

父母がサシャを支えるのはもちろんではあるのですが、やや歳上の姉と、歳の近い兄の優しさに驚きました。

トランスジェンダーであるサシャを支える言葉や愛のある行動に心打たれます。

特に姉の「サシャのお手本になりたい。もしくは、強い姉でありたい」というセリフは痺れます。

・7歳だってキチンと辛い

小児精神科医とのヒアリングシーンで、学校の様子を尋ねられるシーンがあります。

そこで辛い思い出がフラッシュバックしたのか、言葉に出せないもどかしさからか、サシャは涙を流します。

7歳児も、こんなにも繊細で、尊い思考をもっているのだと、気づかされました。

子どもだからとか、言えないなあと。

・実際どの程度受け入れられないものなのかは考えてみたい

こちらはやや斜めから観た私の思いになります。FACTFULNESSの学びを加味した分析です。

FACTFULNESS風味に考えると、「それほど世間でトランスジェンダーは受け入れられない現状であるのか」を考えるべきかと思います。

少し調べてみたところスポーツの世界では受け入れられている記事はいくつかありました。

また、同性婚もフランスでは2013年に認められており、世界的にも最先端な感じはありますね。

しかし、サシャ一家と違い、性自認のトラブルで家族から理解を得られなかったり、暴力を受けたりといったケースもあるそう。

今は数値的なデータを得ることはできませんでしたが、冷静な分析のもと、この映画を製作したフランスの着眼点や懐の深さを認めつつ、自身もアップデートしていきたいです。

最後までお読みいただきありがとうございます!

かなりいい映画でした。「2021年誰もに勧めたい部門最優秀賞作品」です。この映画を作ってくれたことに、感謝。

自分の周りに起こった時、冷静に、最も優しさに溢れた行動をとれるようにしたいと思います。

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました