お金を使わずに東京を楽しむ【高円寺編】

暮らし

あまりお金を使わずに東京を楽しむ情報をお伝えするシリーズです。

今回は古着と人情とロックの商店街【高円寺編】

はじめに


私は2018年~2021年の3年ほど、東京で暮らしました。

一時期はプータロー・フリーターのような時期もあり、あまりお金を使わないように意識していました。かつ、それが今でも習慣として身に着きました。

しかしながら、せっかく東京に来たなら、東京でしかできないことを楽しみたい。

そんな「派手にお金を使わずに東京を楽しむ」という思いをもつ人のヒントになれば幸いです。

今回は、高円寺!

私は高円寺に魅力を感じ、住居を高円寺の近くにしていました。

古着とロックと商店街。ぎゅっと詰まった人情の町、高円寺。

・あげもんや

画像1

からあげで白米をバクバクいけます。もちろんお代わり自由。

定食はからあげ6個で800円、8個で860円、食べ放題970円!!(もしかすると食べ放題は休止中かもしれません)

お味噌汁もフリーですので、6個で十分かと思います。

味も抜群。めっちゃくちゃ美味いです。その他あげものも最高ですので、ご賞味あれ。

・4大祭り

令和2年-8月22日-土-23日-日-に開催される予定であった-東京高円寺阿波おどり-東京都杉並区-の開催中止が決定となりました

高円寺には4つの大きな祭りがあります。

春:高円寺びっくり大道芸 · 夏:東京高円寺阿波おどり · 秋:高円寺フェス · 冬:高円寺演芸まつりです。

それぞれ癖が強く、絶対に楽しいイベントです。

中でも特におすすめは「阿波おどり」

ロックの街高円寺で開催が続くのも納得の、熱いパッションをビシビシ感じるイベントです。

高円寺を老若男女問わず踊る踊る!かっこいいですよ~。感動しますよ~。

人は多いですが、もちろん無料です。



・本と古着を眺める

画像3

高円寺は純情商店街、パル商店街、中通り商店街と、のんびり歩くだけで楽しい商店街が長く続いています。

用もなく、あてもなく、何度ぶらついたことか。 いい思い出です。

そんな商店街に多くあるのが、古本屋と古着屋です。

どちらも安くていいものがたくさん。私は古着はそんなに好みではないので買いませんでしたが、本はたくさん買いました。東野圭吾、北杜夫、アガサクリスティー、吉本ばなな。

いろんな本と出会えます。服も本も安いです。気楽に買える価格と、いろんな店をめぐる楽しさがたまりません。高円寺だけです、きっと。

・ノスタルジックでコスパ抜群の町中華

最後は町中華!

町中華も名店揃いですが、私がおすすめしたいのは駅近の「福龍門」です。

画像4

ランチがとにかく安い。感動的な安さ。

片言の「おかわりもできますよ」が、節約していた私の心に優しく沁みました。

そして美味しい。選べる定食は600円から。食べやすいけど、家では出せない中華の味がこの価格で。

夜のビールも安くてうれしいです。

最後までお読みいただきありがとうございます!

高円寺はいつでもホーム感がある。なんだか強い味方のような気がします。

下北より、ダチ感があるんだよなあ笑

住んでたから当然かもしれませんが。

こちらもどうぞ!↓↓↓↓↓↓↓↓

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123



コメント

タイトルとURLをコピーしました