「地獄の謝肉祭」思いのほかドラマチックなカニバリズム?

映画

ベトナム戦争への、一味違ったアプローチ。

映画地獄の謝肉祭を鑑賞しました。

ベトナム戦争からの帰還兵が、戦地で捕虜となり、人肉を食べるまでの危機的状況に陥った経験から、大きな騒動へと発展していくお話。

私は、ベトナム戦争を悪しき戦争であったと表現する作品が好きです。

今作は、カニバリズムが主なテーマであることから、オカルトムービーにカテゴライズされるものの、ベトナム戦争のおぞましさを伝えてくれる作品でした。

ダニー
ダニー

カニバリズムって人喰いのことでしょ?

怖そう…。

管理人
管理人

それが、意外にもドラマチックで、反戦への想いもしっかりこもっているんだ!

今回の記事では、「地獄の謝肉祭」の考察と見どころを解説していくよ!

 



タクシードライバーとの共通点

U-NEXTより画像引用

「地獄の謝肉祭」は、マーティン・スコセッシの名作「タクシードライバー」との共通点が数多く見受けられます。

主人公らが、ベトナム帰還兵であること。

ベトナム戦争において、心身に傷を負ったこと。

映画館でぼんやりと映画を鑑賞するシーンがあること。

などなどです。

表現の仕方は違えど、こめられたメッセージは近しい部分があるのですね。

アクション

冒頭の戦争アクションと、序盤のバイクアクション、そして終盤まで繰り広げられるガンアクションは、結構派手で、お金がかかっていることが伺えます。

なかなか見応えありますよ!

 



カニバリズム

今作では、噛まれた者が、狂犬病のようなウイルスに感染し、その特徴として、凶暴さとカニバリズム(人食い)の欲求を発症します。

頭と品があまりよくないレクター博士が増えていくって感じですね…。恐い。

狂犬病っぽいウイルスであるため、処刑軍団ザップとよく似た雰囲気でした。

ストーリーは結構変わってて面白いですが、ゴア表現はそこまで激しいものではありません

電動カッターのシーンと、舌を噛みちぎるシーンはなかなかでした!

ブルース・リーと共に闘った男

主演のジョン・サクソンは、名作「燃えよドラゴン」に出演しています。

ローパーという、かなり主要な役を演じました。

今作ではそこまで派手なアクションは観られませんが、鍛え抜かれた身体をは確認できました。流石です。

人肉への欲望と闘うジョン・サクソンを観られるという点だけでも、非常に貴重な作品です!

 



原題は「明日の黙示録」

邦題は「地獄の謝肉祭」と、フザけたものですが、原題はApocalypse domani、直訳すると「明日の黙示録」です。

意外と、主人公が芯のある人物であるため、ラストもそれなりに粋な結末です。

カニバリズム・サイコムービーかと思って観ると、意外とドラマチックで面食らうかもしれません。

 



今日の映学

最後までお読みいただきありがとうございます!

ダニー
ダニー

恐そうだけど、「タクシードライバー」や「燃えよドラゴン」

と共通点があるんだね。気になる!!

管理人
管理人

その通り!カニバリズムものとしては、かなり見やすいかも。

「地獄の謝肉祭」の考察と見どころを解説しました!
名画との共通点や、反戦への想いがこもっているので、意外とドラマチックな今作。ぜひご鑑賞ください!

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました