11月に鑑賞した作品【サスペンス渋滞】

映画

中盤のサスペンス封切渋滞に嬉しい悲鳴をあげた月でした…。

ダニー
ダニー

封切渋滞????

管理人
管理人

11月18日から、映画館で気になる作品がどんどん公開されちゃったんだよね。

実は、まだ観られてない作品がいっぱいあるんだ…。

11月に鑑賞した映画作品全29作をまとめました。

今月はかなりたくさんの映画を鑑賞できました!

祝日とゾンプラのおかげです。

アニメ「チェンソーマン」やドラマ「仮面ライダーBLACK SUN」も鑑賞しつつ、読書もしつつ、この本数は中々のものだと思います。

やはり秋口は文化な物に触れたくなりますね。

最後に劇場鑑賞作の中から、ベスト3を発表しております!

管理人
管理人

ぜひ最後までお読みください!

 



劇場鑑賞作品 11作

「MONDAYS」
「RRR」
「未来惑星ザルドス」
「Don't Worry Darling」
「すずめの戸締まり」
「ザ・メニュー」
「Five Devils」
「サイレン・トナイト」
「ある男」
「ギレルモ・デルトロのピノッキオ」
「ザリガニの鳴くところ」

かなり幅広いジャンルの鑑賞となりました。

中旬以降はサスペンス系の気になる作品がどんどん公開されて、鑑賞に悩む日々を過ごしました。

ミニシアターよりも、シネコンでの鑑賞の方が多いという珍しい月でした!

お家鑑賞作品 18作

「ドクター・スリープ」
「天気の子」
「秒速5センチメートル」
「言の葉の庭」
「君の名は」
「ファーザー」
「はじまりのうた」
「ブルーバイユー」
「アタック・オブ・ザ・キラートマト」
「MAJIC」
「バスケット・ケース」
「女優霊」
「呪怨」
「ビヨンド」
「悪魔の植物人間」
「パンズ・ラビリンス」
「地獄の謝肉祭」
「血ぬられた墓標」

すずめの戸締まり」鑑賞の予習として、新海誠監督の作品をAmazon Prime Videoで鑑賞しました。

また、「アタック・オブ・ザ・キラートマト」を鑑賞するために、恐怖チャンネルに登録したので、後半はカルト系ホラー作品多めですね!

劇場で見逃した「ブルーバイユー」や、もう一度観たいと熱望していた「ドクター・スリープ」を追加してくれたゾンプラさん、サンキューな!

劇場鑑賞作品ランキング

それではここから、劇場鑑賞作品トップ3を発表します!

第3位 キューブリックも認めたSF

未来惑星ザルドス」です。

かのショーン・コネリーの奇抜な衣装や、キューブリックのノンクレジットサポートなど、気になる点はたくさんありますが、単純にSF作品として上質でした。

カルト映画だからといって、侮るなかれな名作です。

第2位 日本の闇に切り込んだドラマ

ある男」です。

キャスティングが素晴らしいのですが、何と言っても柄本明さんの驚異的な演技。感動しました。

日本人らしい、マイノリティや、札付きの人々への批判的な態度や、島国ならではの潜在的な意識について非常に考えさせられました。

第1位 一味違ったタイムリープ作品

Five Devils」です。

個人的に、「シャイニング」へのオマージュに心惹かれてしまいました。

OPが最高です。

また、こちらの作品も「ある男」と同じように、マイノリティへの否定的な村文化が強調されており、非常に学びの深い作品です。

学びと、サスペンスと、SFと。一度で三度美味しい作品。

今日の映学

最後までお読みいただきありがとうございます!

ダニー
ダニー

確かに、サスペンスが多かったね!

管理人
管理人

11月もいい作品に出会えました。
今年も残すところ1か月。まだまだこれらを越える作品に出会えるのでしょうか。楽しみです!

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました