「フルメタルジャケット」キューブリックが選んだのは、やはりベトナム戦争でした

映画

若者が、戦闘マシーンに変わるまで。

映画「フルメタルジャケット」を鑑賞しました。

今作は、アメリカの汚点とも言える、ベトナム戦争を主題にした作品です。

1980年代には、ベトナム戦争映画ブームがありました。

「プラトーン」「ランボー」「グッドモーニング・ベトナム」「ハンバーガーヒル」など、いずれも名作ですが、「フルメタルジャケット」は、その中でもカルト的な人気を誇っています。

ダニー
ダニー

なんでそんなに人気なのかな?

管理人
管理人

なぜなら、巨匠スタンリー・キューブリックが描く、ベトナム戦争だからです。

  



キューブリックによる戦争作品

キューブリック監督は、全ての作品が素晴らしいです。

ダニー
ダニー

僕の出てる映画もね。

管理人
管理人

私は、世界一の監督だと思っています。

キューブリック監督は、同じジャンルの作品は撮らないという主義を持っています。

SFは「2001年宇宙の旅」

ホラーは「シャイニング」

歴史物は「バリー・リンドン」

社会ドラマは「時計仕掛けのオレンジ」

といった感じです。

どれも、メッセージと、氏の魂がこもった、珠玉の名作で、何度も観ても面白いです。

そんなキューブリック監督が戦争映画として選んだのが、あろうことか、アメリカが最も隠したい負の戦争、ベトナム戦争なのであります。

それだけでもメッセージ性の強さがうかがえます。

大きく2つのパートに分かれる

「フルメタルジャケット」は、大きく二つのパートに分かれます。

訓練兵時代のパートと、戦地でのパートです。

訓練パート

訓練パートでは、ハートマン軍曹というアイコニックなキャラクターが登場します。

思いつく限りの罵詈雑言を訓練兵たちに浴びせる様が、いきすぎてコミカルですらあるため、非常に人気の高いキャラクターです。

彼の暴虐性に耐えかねた訓令兵の一人、レナード・ローレンスのシーンも凄まじい。

戦地に向かう前から、辛い闘いがあるのだというドラマを見せつつ、若者が狂っていく様子を見事に描いています。

戦地パート

さて、厳しい訓練を終え、戦地での生活が始まった主人公。

彼は、報道隊員に任命され、直接闘うことはありませんでした。

そこで目にした兵士たちは、

銃を撃ちまくって微笑んだり

前線へ行きたいと願ったり

立派な戦闘マシーンでした。

しばらく、そのような、ベトナム戦争を楽しんだり、胸を張って闘ったりする兵士の、クレイジーな様子を描きます。

そして、「サーフィンバード」という曲のシーンでその様は最高潮に。

すごいでしょう?この笑顔。

主人公もまた、ネジの外れた戦闘マシーンとなってしまうのか…。

その結末はぜひ映画を観てご確認ください。

 



ミッキーマウスがやたら出る

「フルメタルジャケット」では、ミッキーマウスが頻出します。

ミッキーマウスマーチの替歌行進の他にも、会議室に置かれたミニチュアハートマン軍曹のセリフなど、やたらとミッキーマウスが登場します。

ユニバーサルとウォルト・ディズニーの因縁なのか、ディズニーのプロパガンダ的な側面を揶揄したものなのか…

とにかくキューブリック監督のことですから、きっとキチンと伝えたい思いがあるはずですので、いずれ解明したいと思います。

やっぱりすごいよキューブリック

キューブリック作品は、ストーリーだけでなく、カメラワークも秀逸です。

バイオレンスな内容であるにも関わらず、美しい映像でもってこちらを魅了するので、気持ちがグラグラと動いてしまうのです。

「時計仕掛けのオレンジ」や「シャイニング」も同様ですね。

前線へ駆けるシーン

主人公が、前線へ送り込まれ、前へ進んでいくシーン。

この時、カメラが膝下まで下がり、まるでしゃがみながら同行してるかのような感覚になります。

先日紹介したノーラン監督の「ダンケルク」でも、同じような手法が取られていました。

それを30年以上前から導入していたとは…。やはりすごい監督です。

シンメントリー

キューブリック監督といえば、シンメントリー(左右対称)なカットが有名です。

「フルメタルジャケット」では、主に訓練パートでシンメントリーが観られます。

訓練兵たちが寝泊まりする部屋の無機質でシンメントリーな様子は、冷たさと美しさを感じさせます。

 



今日の映学

最後までお読みいただきありがとうございます!

管理人
管理人

「フルメタルジャケット」は、大きく2つのパートに分けて、若者が戦闘マシーンへと変わっていく様をリアルに描いた作品でした。

ダニー
ダニー

キューブリック監督らしい、ゾッとするような仕掛けもたくさんです!

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました