違和感は人を惹きつける【キューブリック】

映画

まるで同じだと思っていたが、よーく見ると微妙に違う。そんなところにも恐怖の感情は芽生えるのではないかという考察である。1分で読めます。

 



シャイニングという映画をご存知だろうか。

ホラー映画の金字塔的作品である。

劇中に双子の少女が出てきて、我々の情緒を不安定にさせる。

画像1

シャイニングにはドクタースリープという続編があり、こちらにも双子は登場する。

画像2

上:シャイニング
下:ドクタースリープ

見比べてみて恐怖の具合はいかがだろうか。

キューブリックといえばシンメトリー(左右対称)な場面を映画に出すことが有名だ。

しかし、「シャイニング」の双子はウエストやその紐、髪、ソックスなどに長さの違いがあるように思う。双子とは言え、顔も少し違う。

完璧主義なキューブリックがこのあたりに妥協するとは思えない。

私は何かここに恐怖を生むしかけやねらいがあるのではないかと思っている。

一方、ドクタースリープは2019年の作品で、キューブリックはこの時、既に亡くなっているため、別の監督が撮影している。

ドクタースリープの方の双子はどうだろう。左右対称さが強く、見た目の美しさも強く出てしまっているように、私は思う。顔もほぼ同じ。

結論、シャイニングの双子の方が恐怖度が高いように思える。

画像3

気のせいかもしれないけどね。

でも、こんな風に考察するのが、キューブリック作品の楽しいところ。

ブックマーク コメント 拡散 よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました