あなたにぴったりの入浴法は?

暮らし

 



サウナスパ健康アドバイザーの私が体調に合わせた、あなたにぴったりの入浴法を教えます。ぜひご覧ください♪

結論

冷え性には温冷シャワー

肩こりには42℃

腰痛には40℃で20分

美肌には浸かって洗って浸かる

私について

私はお風呂やサウナが大好きで、週に5回以上入っています。

「サウナの魅力を知りたい」、「専門的な知識を身に着けて人にも伝えられたらいいな」という思いからサウナスパ健康アドバイザーを受験しました。

専門誌をもとに調べた情報ですので、ぜひ悩みの参考に、また、お風呂やサウナを楽しむきっかけになれば幸いです。

冷え性には温冷シャワー

自律神経が正常ならば、朝は活動モード、夜は休息モードに切り替わるものです。

身体が冷えていると、夜はなかなか眠れず、朝はシャキッと目覚めにくくなります。

正常な状態に戻すために、朝熱いシャワーと冷たいシャワーを交互に浴びることで、交感神経のスイッチが入ります。

逆に夜はぬるめの湯でゆっくり半身浴して、副交感神経優位にするとぐっすり眠れますよ。

肩こりには42℃

肩こりの解消は血流をよくすることが重要です。

ぬるめの湯に肩までゆっくり浸かり、簡単なエクササイズをとるとよいでしょう。

40℃以下の湯にゆっくり10分ほど浸かり➡42℃くらいの熱めのシャワーを首にあてながらゆっくり首を回しましょう➡片方ずつ肩にシャワーをあて、肩を回しましょう

腰痛には40℃で20分

腰痛改善には、血流を促すことと、筋力増強が大切です。

40℃くらいの湯に20分程度半身浴し、入浴後に腹筋や背筋をするとよいでしょう。

美肌には浸かって洗って浸かる

美肌には、汚れを浮かせて、傷つけずに優しく落とすことが大切です。

そのために、まずは腰痛とおなじく40℃程度の湯に20分程度ゆっくりつかりましょう。毛穴が開きます。

次にしっかりと泡立てて優しく体を洗いましょう。ゴシゴシ洗うと、新しい角質層をけずって乾燥を促してしまいます。入浴により、毛穴が十分に開いているので、軽くなでる程度でOKです。

最後にもう一度湯につかり、心も体もリラックスさせましょう。血行をより促すために、マッサージするのもよいですね。きっと、自然で健康的な美しい肌に近づけますよ。

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました