「ドクタースリープ」原作ファン・映画ファン双方納得?!

映画

映画「ドクタースリープ」がAmazon Prime Videoに観放題追加されたため、再鑑賞しました。

スタンリー・キューブリック監督の名作ホラー「シャイニング」の続編にあたる作品で、あれから40年後を描いています。

私は「シャイニング」がとても大好きなので、「ドクタースリープ」は劇場で2回鑑賞しました。

Amazon Prime Videoの追加も非常に待ち望んでいたため、すぐに鑑賞した次第です。

管理人
管理人

今回の記事では、自称「シャイニング変態」の私が、「ドクタースリープ」の見どころを解説します!

 



「シャイニング変態」

私は、とってもホラー映画が好きです。

中でも最も敬愛する作品が「シャイニング」です。

ブログでは、この作品だけ、タグを設けているほど、たくさんの視点で紹介しています。

詳しくは当ブログの「シャイニング」のカテゴリーをお読みください☞☞

 

「ドクタースリープ」に対する懸念

「ドクタースリープ」の鑑賞にあたって、あることを懸念した人が少なからずいるかと思います。

それは、原作寄りであるのか、映画寄りであるのかということです

原作者のスティーブン・キングは、映画「シャイニング」の出来に、納得いかなかったそうです。

ヒッチ・コック風の、ゴシックホラーにしてほしいというリクエストをしたのですが、そうはいかないのがスタンリー・キューブリック

攻めに攻めた技法や映像表現を駆使して、とんでもない作品を作ってしまった訳です。

私は、映画を観てから原作を読みました。

大筋は同じですが、映画と原作はかなり違います。

一番の違いは、「家族愛」の描かれ方です。

スティーブン・キングの本を読んだことがある人はご存じかと思いますが、キングの作品は、ジュブナイル的な要素や、愛のメッセージがこもっています。

ホラーでありながら、温かい。それがキングの作品です。

しかし、映画版「シャイニング」では、重要な「家族愛」が描かれていません。

それがまた、キングがお怒りになられたポイントの一つでもあります。

さあ、はたして、「ドクタースリープ」はどうなのでしょうか…?!

双方が納得いくかたちに仕上がっているのでしょうか????

キューブリックは納得?

「ドクタースリープ」は、映画版「シャイニング」から、引き継がれている要素がたくさんありました。

衣装

回想シーンで出てくる服装や、ディック・ハロランの服が、映画版そのままで、非常に嬉しいポイントでした。

ダニー・ロイド

映画「シャイニング」でダニー・トランスを演じたダニー・ロイドが、カメオ出演しています。

少年野球の観戦者の一人で、結構セリフもありますよ。

面接シーン

イワン・マクレガー演じる、大人になったダニーが、面接を受けるシーンがあります。

これが、映画「シャイニング」で、ジャックがホテルの支配人と面接するシーンのセットとほぼ同じなのです。

モップがけ

映画「シャイニング」の序盤で、ホテルの空撮カットから、モップがけにフェードアウトして切り替わるシーンがあります。

これと同じようなシーンが「ドクタースリープ」にも出てきます。

ホテルのバー

映画版で登場した、オーバールックホテルのバー。

こちらも登場します。しかも、バーテンダーはジャック・トランスになっています。

ちなみに、ジャック・トランスを演じているのは、ジャック・ニコルソンではなく、ヘンリー・トーマスという俳優です。

「E.T」で主人公のエリオット君を演じた人です。

 



キングも納得?

「ドクタースリープ」では、映画「シャイニング」で深く描かれていない、「家族愛」や「アルコール依存症」などがしっかりと表現されていました。

愛あるストーリー

キングの原作版「シャイニング」では、ジャック・トランスが息子や妻を愛しているものの、行動を抑制できない葛藤が描かれています。

「ドクタースリープ」でも、原作で描かれたジャック・トランスの葛藤が表現されていました。

ボイラー室は原作を読めばわかる!

原作を読んでいない人は、終盤に登場したボイラー室が、唐突でよくわからなかったのではないでしょうか。

あれこそ、原作への配慮です。

ボイラー室は、原作ではかなりキーとなるポイントなのです。

アルコール依存症

イワン・マクレガー演じるダニー・トランスは、父と同じくアルコール依存症になっています。

そもそも、映画「シャイニング」では、ジャック・トランスがアルコールに依存していることがいまいちわかりません。

原作では、「酒を断っている」という表現が頻出します。

これもまた、原作への心遣いでしょう。

サイキックバトル

「ドクタースリープ」は、能力を持った者同士が闘うシーンが何度も登場します。

スティーブン・キングは結構サイキックバトルを描きがちです。

「シャイニング」の原作も、「炎の少女チャーリー」もそんな感じでした。

残念なポイント

個人的に残念だったポイントをお伝えします。

犬男

オーバールックホテルのアイドル、犬男が登場しない点は非常に残念でした。

美しいシーンがない

私は「シャイニング」を観る際、芸術的な表現に感動します。

「ドクタースリープ」は、映画版から踏襲した素晴らしいシーンがあるものの、ゾッとするほどの美しいシーンはなかったように思います。

「シャイニング」の美しいポイントは、こちらの記事で詳しく紹介しています👇👇

 



好きなポイント

最後に、「ドクタースリープ」の好きなポイントをお伝えします!

237の婆さん

私が最も愛するキャラクター、オーバールックホテルの総番、237の婆さんが何度も登場します。

これは非常に嬉しいポイントです!!

グレイディ姉妹

アイコニックな双子、「グレイディ姉妹」も登場します。

しかも、あの名言も言ってくれちゃってます。

特殊効果

「ドクタースリープ」では、特殊能力を持つもの同士が、互いの頭の中に入り込みます。

その際の特殊効果や、セットがとても見ごたえがあります。

部屋が90度回転するシーンは素晴らしいです。

今日の映学

最後までお読みいただきありがとうございます!

管理人
管理人

「ドクタースリープ」は、「シャイニング」の続編として、原作版にも、映画版にも配慮された、中道的な作品です。「シャイニング」のオールドファンはしっかりと楽しむことができるでしょう!

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました