「シャイニング」登場キャラランキング

人気記事

敬愛するスタンリー・キューブリック監督作品『シャイニング』

登場するキャラクターを勝手にランキングします。

管理人
管理人

自称シャイニング変態の私が、独自の目線でランキングいたします。

少しニッチで、私的なランキングになりますが、ご了承くださいませ。

あなたの推しキャラもコメントで教えてください!

シャイニングについて簡単に紹介

まずは、簡単に映画について紹介します。

1980年米 監督:Stanley Kubrick 原題「The Shining」

スティーブン・キングの小説を原作としたホラー作品。

監督はスタンリー・キューブリック

冬期休業中で誰もいないホテル「オーバールックホテル」を管理する一家が、不可解な出来事に巻き込まれていくお話です。

主演は名優ジャック・ニコルソン。いい味出してます。

2019年には、続編『ドクタースリープ』が公開されました。

原作者のキングは映画の出来にひどく怒ったそうで、自分でもドラマを製作しました。

しかし、私はキューブリックのシャイニングが大好きです。

映画の美しさやホラー映画の醍醐味が存分につまっており、

自分が映画を観る際の指標となっているほど大切な作品です。

それではランキングにまいりましょう

第5位『Man in costume(着ぐるみ男)』

画像1

まずは「着ぐるみ男」が第5位

一瞬の登場、かつストーリーにあまり関係ないながらも、堂々のランクインです。

オーバールックホテルの業に深みを出すバイプレーヤーとして称賛したいと思います。

また、登場時のテンポの良さも心にグッと残る存在です。おめでとうございます。

第4位「ジャック・トランス」

画像2

まさかの主役級のこの方「ジャック・トランス」が第4位にランクイン。

トランス一家のお父さん。

冬期は客の利用のない「オーバールックホテル」の管理人を任され、不可解な出来事に巻き込まれていく、映画の中心的人物です。

アメリカとウイスキーを愛し、本業のライターとホテル管理人のダブルワーク(ホテルの整備はほとんど妻ですが)という偉大なる人物です。

狂っていく様、アグレッシブさ、時折見せる道徳観のなさが最高です。

やはり外せませんでした。おめでとうございます。

第3位「Twin sisters(双子の姉妹)」

画像3

これは文句なしですね。

「オーバールックホテル」の愛すべき住人「双子の姉妹」です。

登場のタイミングが素晴らしい

容姿のキュートさを登場のタイミングでうまく消しつつ、観る者に絶妙な恐怖を与えてくれます。お見事です。

また、この左右対称にきっちり並ぶ様子はキューブリック監督のお家芸ともなり、「キューブリックといえば左右対称」という印象を決定づけた存在とも言えます。

その偉業も併せて称えたいと思います。

また、彼女らは、続編「ドクタースリープ」でも大活躍します。

Tシャツになることもしばしば。大人気な存在です。

おめでとうございます。ちなみに私は、右の子が好きです。

第2位「ダニー・トランス」

画像4

ジャックの息子ダニーが第2位です。

彼は「Shine」と呼ばれる超能力を持っています。スーパーチャイルドです。

それを用いて頭の中で「Shining(Shineを持っている人)」と会話できます。

劇中ではディック・ハロランという料理長と数回会話します。

あとは何か勘が鋭く、霊の存在に気づきやすいくらいの能力です。

この能力のパンチの弱さがスティーブンキングをオコにさせた要因の一つだと言われています。

霊が視える程度で、大して普通の子どもと変わらないのに、割とタフに動けるところが最高です。服も可愛い

続編「ドクタースリープ」ではイワン・マクレガーがおじさんになったダニーを演じます。

恐怖に負けずよく頑張った。おめでとうございます。

それではいよいよ第1位…!!!

第1位「Old woman in the bath room(バスルームのばあさん)」

画像5

栄えある第1位は「バスルームのばあさん」です!

恐怖と愚かさの象徴ですね。怖いので画像は小さめに。

237号室の守護神
オーバールックホテルの総番長と言っても過言ではないでしょう。

彼女の登場シーンは物語を紐解く重要なカギになります。

怖いかもしれませんが、瞬きせずに観ていただきたい。

登場はわずかながら、観る者にそれはもう強烈な印象を残すことでしょう。所作、タイミング、入場曲すべてがエレガント!

ホラー映画を観たら眠れない、お風呂入れないというタイプの方は要注意すべき存在です。

セオリー的な、ホラー映画であるべき恐怖としての存在感人間の愚かさ、また、サスペンスフルな伏線を引いてくれたりと、彼女なくしてこの映画なしと言えるでしょう。

続編でも最高のパフォーマンスをご期待ください。

より好きになれること請け合いです。おめでとうございます。

今日の映学

最後までお読みいただきありがとうございます!

管理人
管理人

本日は私の愛する映画「シャイニング」のキャラランキングを掲載させていただきました。

まさかのハロラン、妻ウェンディという主要人物が圏外という結果に、我ながら驚きました。

シャイニングは怖い映画です。

しかし、美しく、ミステリアスで、余韻が心地よい至高の一作です。
観たことのない方は是非。

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました