サクッと、クスッと、SFを。

映画

 



ゾンプラで「ドロステのはてで僕ら」を観ました。

とても得した気分です。その理由をお伝えします!

はじめに

ドロステのはてで僕ら」

テレビから、2分先の未来が映し出されていることに気づくカフェオーナーの男性。「タイムテレビ」のことを知ったカフェの常連客たちは、もう1つのテレビを正面に置き、さらなる未来を映し出そうと思いつく。しかし、それをきっかけにオーナーや近隣住民たちは、ある騒動に巻き込まれていく。
公開日: 2020年6月5日 (日本)
監督: 山口淳太 Googleより引用

ジャンルはコメディと、SF(ちょっと不思議)です。

気楽に笑える

画像4

いい意味で、心に深く入りこみにくい、軽快な内容です。

笑いの手数がとてもいい塩梅。

タイムテレビに翻弄される人々をコミカルに描いています!

短さがグッドです

画像3

そして、こちらの作品は70分程度。めちゃくちゃコンパクトにまとまっています。

この短さ、22時前からの映画鑑賞にうってつけですね笑

出発まであと1時間くらいあるなって時にも最高のサイズ。私はそんなタイミングで観ました。

ちょうどよすぎるSF度

画像2

劇中で「藤子不二雄のSF短編集が好きです」みたいなセリフが出てきます。

ちょうどそれくらいのSF感。

分からな過ぎず、簡単過ぎることもない感じがちょうどいいです。

テネットの5分の1くらい。ちょうどいいでしょ笑

エンディング曲もグッドです

画像1

エンディング曲をつとめますは「バレーボウイズ」

私が好きなアーティストの一つで、すごく得した気分です。

しかも、かなりいい曲でした♪

ぜひ映画の最後にお聞きください!

こちらは私が好きな1曲です↓↓↓↓↓↓↓↓

最後までお読みいただきありがとうございます!

ゾンプラ無料枠で、このサイズ感で、期待を余裕で上回ってきました。

「カメラを止めるな」や「ベイビーわるきゅーれ」に似た風味の映画ですので、お好きな方はぜひ!

 

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました