「天使の涙」は人物の特徴を掴むべし

映画

WKW4K特集にて、「天使の涙」を鑑賞。

これまで観た、恋する惑星、花様年華、2046のどれよりも、変わった内容でした。

雰囲気や美しさを楽しむ作品だとは思うものの、キャラクターの設定を掴まないと、なかなかにしんどい映画です。

管理人
管理人

そこで、今回の記事では、キャラクターの概要にスポットをあてて解説します。

キャラクター紹介

主要4人のキャラクターを紹介します。

モウ 金城武

「恋する惑星」と共通点はあれど、別人です。

「パイナップル缶詰」というキーワードが登場しますが、全く違う意味を持ちます。

「天使の涙」では、昔、期限切れの「パイナップルの缶詰」を食べたせいで話せないという設定のキャラクターです。

話せないため、よなよな営業を終了した店に不法侵入し、脅迫して人を呼び込み、お金を稼いでいます。

こう聞くと、さも悪い人のように思えますが、実にコミカルに描いていますので、真正面から捉えるのではなく、

彼を「シザーハンズ」や、「フランケンシュタイン」、「死霊のえじき」におけるバブのようなアイコニックな存在として観ると、また違った趣を感じることができます。

ウォン レオン・ライ

殺し屋です。

彼は「殺し」専門。

下見や、ターゲットを決めるのは「エージェント」が担当します。ウォンの部屋の清掃も「エージェント」の仕事の一部。

どちらかというと、対等というより、「エージェント」に雇われている「殺し屋」のように捉えるよいです。

「殺し屋」がパフォーマンスを発揮できるように、住まいも提供。掃除もやっておきますよ的な。

住み込みの「殺し屋」ですね笑

「エージェント」とは会わないことが彼の流儀でしたが、次第にその関係が崩れていきます。

何となく自分の正体につながるような痕跡を「エージェント」に残すようになっていきます。

エージェント ミシェール・リー

「エージェント」は依頼の際、ターゲットのことを「友人」と呼びます。
暗号です。

「エージェント」の方が、「殺し屋」に惹かれている度合いが強いです。

「エージェント」が雇い主という点を意識すると、最後のミッションの意味が分かってきます。

退職を希望する「殺し屋」を惚れた「エージェント」はどのように扱うのか。ここに注目です。

金髪の女 カレン・モク

パンチの強いキャラクターですが、一番つかみどころがない。

しかし、これまた金城武同様、カギとなるのが、

「恋する惑星」の金髪女性とは違うという点です。

あれはブリジット・リンが演じていたので。

そこさえ押さえておけば、OKです。

奔放で謎の多い、キャラクターです。

ウォン・カーウァイこだわりのショット

もちろん、ウォン・カーウァイこだわりのショットやシーンも盛りだくさんです。

アパートの室内をあえて外から撮影しているシーンは、かなり手間がかかっていそうです…。

香港のネオン街もなまめかしい雰囲気を醸し出しています。

今日の映学

最後までお読みいただきありがとうございます!

管理人
管理人

「天使の涙」のキャラクターを紹介しました!「恋する惑星」で登場したした人物とは違う点が最大のポイントです。
後はわかる範囲で物語を理解し、俳優陣やカメラワークの美しさをご堪能あれ!

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました