水風呂苦手?It’s all right!

暮らし

 



サウナスパ健康アドバイザーの私が、性格や身体の調子、気分に合わせたサウナの入浴法を3つ紹介します。

noteでは結論だけ。ブログで詳しく解説していますので、ぜひご覧ください♪

結論

温冷交代浴(水風呂あり)

低温浴(水風呂なし)

繰り返し浴(水風呂なし)

高温短時間浴(水風呂なし)

私について

私はお風呂やサウナが大好きで、週に5回以上入っています。

「サウナの魅力を知りたい」、「専門的な知識を身に着けて人にも伝えられたらいいな」という思いからサウナスパ健康アドバイザーを受験しました。

専門誌をもとに調べた情報ですので、ぜひ悩みの参考に、また、お風呂やサウナを楽しむきっかけになれば幸いです。

これまでの記事はこちらです。

温冷交代浴(水風呂あり・基本のサウナ)

こちらは最も基本的なサウナの入り方です。

①熱めのサウナ(90℃前後)に入る

②8~12分のサウナ浴後に冷水シャワーか水風呂に30秒~2分入り2分程度休憩する

③上記を2~3回繰り返す

肉体疲労の回復・肩こりや筋肉痛・血圧の正常化・鬱傾向活力不足・美容

に効果ありです!

低温浴(水風呂なし)

ここからは水風呂苦手な人でも楽しめるサウナ浴です♪

①サウナ室の低いところに自分にあった時間(15~20分程度)入浴する

②サウナから出たら足に2~3杯の水をかけ、湯冷めしないように注意して20~30分安静にする

不眠症・ストレス

に効果が期待できます。

繰り返し浴(水風呂なし)

①風呂でよく温まる

②高温サウナに10~15分入浴

③休憩

④最初より短時間サウナ入浴

⑤このセットをだんだん短くしながら、3~4回繰り返し、よく汗を出す。

痩せるための落汗減量(十分に汗を出し切る)

に効果が期待できます。

高温短時間浴(水風呂なし)

①シャワーを浴びる

②熱いサウナに8分程度入浴する。

肩こり・腰痛・声のかすれ・まぶたの痙攣

など、神経系の疲労回復効果が期待できます。

最後までお読みいただきありがとうございます!

あくまで、自分の身体やその日の体調に合わせて、ご参考までにお試しください!

かくいう私も基本的なサウナ温冷交代浴ですが、はじめのセットは6分です。

それぞれが気持ちよく無理のない入り方でいいはずです。我慢レースではないので笑

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました