ニコラスケイジがB級に出演する理由「ウィリーズ・ワンダーランド」

映画

映画「ウィリーズ・ワンダーランド」をアマゾンプライムビデオで鑑賞しました。

久々に、とても「B級ホラーらしいB級ホラー」を観ました。

しかし、こちらの映画、あのニコラス・ケイジが製作・主演しています。

管理人
管理人

今回の記事では、俳優ニコラス・ケイジに関する豆知識と、作品の見どころをポップに解説します!!エリート俳優がB級映画に出る意外な理由とは??

STORY

廃墟となったテーマパークで悪魔のようなアニマルロボットたちに襲われる人々を描いたアクションスリラー。車が故障し、人里離れた町に取り残された男。通りかかった修理工に助けられるが修理代を払えず、支払いの代わりに、廃墟となったテーマパーク「ウィリーズ・ワンダーランド」の清掃員として一晩だけ働くことに。しかしパークには暗い過去があり、かつて子どもたちに大人気だった動物キャラクターのロボットたちは恐ろしい殺人鬼と化していた。園内に閉じ込められた男は、容赦なく襲い来るロボットたちと死闘を繰り広げる。

https://eiga.com/movie/94921/

あらすじだけでもうB級感が強く出ていますね!

ニコラス・ケイジという俳優

ニコラス・ケイジはとてもメジャーな俳優です。

主演作、「天使のくれた時間」は本当に素晴らしい。大好きな作品の一つです。

そんな素晴らしい俳優、ニコラス・ケイジについて、少し解説させていただきます。

実はエリートファミリー

ニコラス・ケイジは、本名を「ニコラス・コッポラ」といいます。

そう、あの巨匠フランシス・コッポラ監督の甥っ子です。「ゴッドファーザー」「地獄の黙示録」があまりに有名です。

臭くても蓋をさせない
悲劇の戦争。正義のない戦争。ベトナム戦争。だからこそ伝えたい。

つまりROCKYのエイドリアン役、タリア・シャイアの甥っ子でもあります。

そんなエリートファミリーの彼ですが、B級映画に出ることでも有名です。

ニコラス・ケイジはB級がお好き

ニコラス・ケイジは近年B級映画にも多く出演しています。

「マッドダディ」、「ゴーストライダー2」、「マンディ地獄のロード・ウォリアー」、「プリズナーズオブゴーストランド」、そして今作「ウィリーズワンダーランド」。

なぞこんなに多くのB級作品に出演するのか。

借金を抱えたことでキャリアが降格したことが理由らしいですね…。

ものすごい浪費家だそうです。

でも私は、B級作品出演時の、ニコラス・ケイジの無表情でふざけた演技が大好きです笑

カルト映画は世界観を保守すべし
ニコラスケイジ主演、園子温監督作品「プリズナーズ・オブ・ゴーストランド」を観た感想です。あまり好みではなかったです。

「キックアス」のふざけっぷりもよかったなあ。

この演技に注目!

ニコラス・ケイジ演じる主人公は非常にコミカルで見ごたえのある役です。

映画全体のストーリーは置いといて、ニコラス・ケイジを観るだけでも価値はあります。

休憩を大事にする

今作では、着ぐるみやロボットがたくさん襲ってきます。

しかし、どんな危機においても、主人公は必ずアラームに合わせて休憩をとります笑

ピンボールを弾きながら、踊るシーンは必見!

謎のエナドリめちゃ飲む

その休憩のお供に、エナドリを毎回飲んでいます。

はじめはビールかなにかで、アル中の設定なのかと思いましたが、どうもエナドリのようです。

一日に何本も飲んじゃだめ。

肉弾戦めちゃ強い

めちゃくちゃ拳で闘います。

そして、めちゃ強いです。

掃除めちゃする

あんなに掃除するニコラス・ケイジははじめて観ました。

というか、映画史上一番真面目に掃除する人物だったのではないでしょうか笑

一言も話さない

今作で最も面白いポイントかもしれません。

なんと、ニコラス・ケイジ、一言も話しません笑

寡黙で強くて変質的な主人公でした。

 

今日の映学

最後までお読みいただきありがとうございます!

管理人
管理人

ウィリーズワンダーランドはめちゃ変なニコラス・ケイジを観られる映画です。また、今回の記事では、ニコラス・ケイジ自身についても解説しました。

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました