劇場で鑑賞すべきか論争

映画

映画館で映画を観るメリットを紹介します。1分で読めます。

結論

①圧倒的に集中できる

②映画は映画館で観るために作られている

③作品が記憶に残りやすい

④よりよい映画を生むことに繋がる

以上4つ。解説していきましょう!

①圧倒的に集中できる

映画館では映画を観るしかやることがなくなります。

環境的に自分を追い込んでいるというわけです。

携帯やタブレット、本を触らない環境、なかなか作れませんよね。しかも画面が非日常にでかい。

これがシンプルにして最大のメリット。

②映画は映画館で観るために作られている

映画というのは、才能ある映画監督や、優秀なスタッフが、映画館で観られるために作っています。

テレビのサイズや放送枠に縛られていては楽しみきれない作品はかなり多いです。

特に、考え抜かれたであろう「間」ですね。これを尊重したい。

CMや一時停止機能があると、「間」が崩れちゃいます。

③作品が記憶に残りやすい

大画面で観たという稀有な経験、映画館までの道のり、いつもと違う座席の感触、そして2時間視線をロックした。

これらの体験的活動によって、長期記憶に残りやすいのです。

映画館で観た作品って、家で観たものより記憶に残っていませんか?

④よりよい映画を生むことに繋がる

映画館でチケットを払って観ることで、劇場や配給会社、製作者などに収益が入ります。

これは言わずもがな、未来の映画への投資に繋がるはずです。

終わりに

最後までお読みいただきありがとうございます!

映画サブスクも最高のサービスですが、好きな作品や気になる作品は映画館で観ちゃいましょう。

サブスクは考察用、再鑑賞用に観るものだとマインドセットをすれば損した気になりませんよ。

 

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました