「バスケット・ケース」ファニー・シーン4選!

映画

ホラーとコメディは紙一重…。これぞカルトムービー。

映画バスケット・ケースを鑑賞しました。

ホラー作品なのですが、その特徴的なストーリーや、クリーチャーの造形、圧倒的なシーンの数々から、カルト的な人気を誇る作品の一つです。

テーマはそれなりあるし、切ない不遇さや恐怖も描いてはいるのですが、今作はかなり笑えるシーンが多いのです…。

管理人
管理人

今回の記事では、映画「バスケット・ケース」の中で、私が思わず笑ってしまったファニーなシーンを4つご紹介します!

STORY

主人公は双子の兄弟。二人はもともと一つの身体にくっついており、過去に無茶な手術で切り離されました。双子の兄は、その恐ろしい見た目から、悪性腫瘍のように、術後捨てられそうになったのでしたが、弟がかろうじて救い出すことに成功。自分を殺そうとしたドクターへの復讐劇が今始まる…。

管理人
管理人

それではここから、爆笑シーン4選の発表です。

お父さんカッター

兄弟が初めに復讐するのが、父です。

その散り際がなんともファニー。

断末魔の悲鳴が最高です。

「パァー」みたいなあまりにも間抜けな悲鳴。

絶対笑います。



縮む!

これは特殊効果の都合上、何度か登場する場面です。

初めて兄の姿がスクリーンに登場したときは、バランスボールくらい、直径1mくらいの大きさなのに、バスケット・ケースに入る直前にはその半分、バスケットボールくらいになります。

でかくて怖いクリーチャーを目撃してからの、階段のシーンの小ささが、緊張の緩和なのか、何ともコミカルです。



ドクター・カッター

終盤、女医への襲撃シーンです。

双子の看護師アップからの、顔面メス刺さりまくりスクリームが圧巻でした。

この映画で一番見応えのあるショットでした。

スプラッターがちょっと怖いけど笑いの方が断然強いです。



最後にはとっておきのシーンが…

一番の爆笑で締めくくってくれます。

もちろん、股間持ち上げのシーンですね。

もしかすると、奇怪な見た目から、男女交友を楽しめない兄の、弟へのジェラシーを表した、切ない描写なのかもしれませんが、ここでもやはり切なさや恐怖よりも笑いが勝っちゃってます

「痛そう!」よりも「なんてこったい!笑」って感じでした。



今日の映学

最後までお読みいただきありがとうございます!

管理人
管理人

「バスケット・ケース」のファニー・シーンを4つお伝えしました。
あなたがファニーに感じたシーンはどこでしたか?素直に怖がってしまった方はすみません…。

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123



コメント

タイトルとURLをコピーしました