私も集英社もハッピーに

漫画・アニメ

 



タコピーの原罪」という漫画作品をご存じでしょうか。

こちら、少年ジャンプ+というスマホアプリやウェブで読むことができます。

Twitterでかなり話題になっている作品です。

シリアスな内容で、毎週ドキドキしながら読みました。先日、無事完結。

タコピーの原罪」のどこがすごいか、解説します!なるべくネタバレなしを心掛けますので、ご安心ください!

はじめに

画像1

地球にハッピーを広めるため降り立ったハッピー星人・タコピー。助けてくれた少女・しずかの笑顔を取り戻すため奔走するが、少女を取り巻く環境は壮絶。無垢なタコピーには想像がつかないものだった。ただ笑って欲しかったタコピーが犯す罪とは…!?

https://www.amazon.co.jp/dp/B09R9YL6Q8/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

2021年12月10日~2022年3月25日連載約3ヶ月半で幕を下ろしました。

ここがすごいよその1「無抵抗なドラえもん」

タコピーは「ハッピーアイテム」なる超便利アイテムを持っています。

ドラえもんと同じ感じです。

でも、ドラえもんって結構頑固だったり、説教くさかったりするので、道具を出してもらうのに気を使いそうですよね。頭もいいですから。

しかし、タコピーは「笑顔になってくれるなら」なんでもしちゃいます。言っちゃえば、思い通りに動かせる超便利なやつです。

自分の前にこんな生き物が現れたら、悪用しない自信、ありますか…?

私はちょっと無理かもしれません笑

そういう視座で観ると楽しめそうです。

ここがすごいよその2「スピード感」

タコピーの原罪」は何と、全12話です。コミックス2巻分。

このスピード感とまとめかた、あっぱれです。

鬼滅の刃もですが、終わりを連載当初から見据えて、そこまで一気に駆け抜けるように描く。

爽快感すらあります。こういう漫画、大好きです。潔さが気持ちいいし、読む際に「いつまで続くんやろ…」とストレスなく読めるのっていいですよね。

ここがすごいよその3「集英社もハッピーだっピ」

更新した当日に同アプリ初の閲覧数が300万超となったことが、少年ジャンプ+の細野修平編集長のツイッターで発表されたそうです。

確かに、あの時のジャンプ+のアプリ、びっくりするくらい重かったんですよね。

きっと、ジャンプ+への注目度も高まったことでしょう。

タコピーは集英社もハッピーにしたというわけでございます。

最後までお読みいただきありがとうございます!

ジャンプ+、他にも、巨人アクションの「ゴダイゴダイゴ」や、オカルトバトル「ダンダダン」あたりも超面白いですよ。映画好きのあなたにもオススメできます。

お仕事のご依頼はこちらから↓

  クラウドソーシング「ランサーズ」

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました