キューブリックとGUがコラボした4つの理由

映画

アパレルブランド「GU」にて、スタンリー・キューブリック監督とのコラボTシャツが2022年4月に発売されました。

名作映画「シャイニング」と「時計じかけのオレンジ」のデザインです。

CLASSIC FILM|メンズ|GU(ジーユー)公式オンラインストア
スタンリー・キューブリック監督の名作とのコラボレーションアイテムが登場。

「GU」ではこれまでにもコラボが

2020年にも、「2001年宇宙の旅

2019年にも「シャイニング

のコラボTを販売しております。

2019年の双子Tシャツは、転売騒動に発展したほど。

管理人
管理人

なぜ、大人気アパレルのTシャツになるほど、キューブリックは今なお人々を惹きつけるのか。

今回はその理由に迫ります!

 



圧倒的なセンスに惹かれる

先述の、転売騒動に発展した「シャイニングの双子

映画をご覧になったかたはもちろん、そうでない方にとっても、とても魅力的でアイコニックなルックスなのではないでしょうか。

双子をはじめとして、キューブリック監督作品は、とても芸術的でオシャレな点があげられます。

私は何度もキューブリックの作品を鑑賞しています。特に「シャイニング」は30回以上観ているはず。

シャイニング」はホラーですが、風景や、ホテルの内装は、時に息を飲むほどの美しさです。(このブログの背景も、シャイニングのオーバールックホテルのカーペット柄)

この洒落っ気や芸術的な画に対しても、役者の演技に対しても…

徹底的にこだわる姿勢に惹かれる

キューブリックの映画は、撮影にかなりの時間をかけたそうです。

また、「シャイニング」の迷路も、一から作ったそうです…。あの見事な迷路をですよ…。信じられますか?

役者に対しても、そのシーンや、人物のバックヤードを事細かに伝え、徹底的に演技指導をしたのだとか。

この、モノづくりや、仕事に対する情熱は、誰もがクリエイター時代の今、憧れの対象となることに納得です。

過激な表現の魅せ方に惹かれる

「シャイニング」も「時計仕掛けのオレンジ」も、過激なシーンは割とあります。

しかし、近頃子どもたちや若者の間で知名度の高い「鬼滅の刃」や「呪術廻戦」、「イカゲーム」、「フォートナイト」あたりもかなり過激です。

こういった過激なコンテンツも、面白さや、過激さを超える価値があればOKな風潮はみられます。ストーリーに乗っかっていればOKって感じ。

社会的に、過激さ受け入れの幅が広がったといえます。

キューブリック作品は、不条理さは皆無です。「時計仕掛けのオレンジ」の過激なシーンも、あればこそ、全体が素晴らしくなっています。

ただ「時計仕掛けのオレンジ」はエロスも結構強めの作品ですので、まだ観たことないそこのあなたは、家族と一緒に観るのはやめておきましょう。

「シャイニング」のエロスは数秒だし、恐いシーンなのでギリいけるかも笑

グロ表現にはある程度寛容な世の中ですが、エロにはまだまだ厳しいです。

ミステリアスで考察しがいのある作風に惹かれる

こちらはブログで!最近の流行りが、ようやく彼に追い付いてきたのではないかと、私は思っています。

近年、考察を楽しむ映画は非常に増えてきているように感じられます。

「ミッドサマー」「ポゼッサー」「アス」「シン・エヴァ」など、考えながらみることで、作品を味わう鑑賞の仕方がじわじわと盛り上がりを見せています。

今こそ、キューブリック作品の素晴らしさが再認識されるはずです。

最後までお読みいただきありがとうございます!

ブログ内にキューブリック作品の考察がたくさございますので、ぜひご覧ください♬

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました