モノがわかると恐怖は薄れる【エクソシスト】

映画

エクソシストという映画を観た。

1973年のホラー映画で、これまで何度か観たことはあった。

久々に鑑賞しなおすと、格別に面白い。

今観て、なお面白さが広がった。

過去の私は、ただ上等なホラー映画としてしか観ることができなかったが、今回はそうではなかった。

怖さではない。面白さや奥行きを感じた。

その理由を話そうと思う。

理由

知見が広がったことによって、映画の見え方や捉え方もまた、大きく広がったからだ。

エクソシストの楽しみ方には数段階ある。

レベル1 ただただ怖がる

レベル2 サブリミナル効果やホラーのディティールを感じる

レベル3 宗教に関する監督のメッセージを感じる

サブリミナルについては有名なところだ。

キリスト教やユダヤ教を掘り下げて、絡めて観ると、なお面白い。

詳しくはいろいろググってみてほしい。

終わりに

私はこれまで、映画はその時のフィーリングで、観て、楽しむ主義だった。

ゾンビ映画などの「こういうことを示唆しているんだぜ」みたいなのが、どうも苦手であった。

もちろんエモーションで楽しむのも、ひとつの鑑賞のかたちだと思う。

しかし、宗教や歴史を多少学び、考慮しながら生活を送る中で、映画の楽しみかたも大いに変わる。

せっかく監督が、意匠や思いを込めているのだから、キャッチしないのはもったいない。

学習から逃げすに、これからも映画をより楽しめるようにしたい。

最近はもっぱら、そのような角度で映画を観ている。


最後までお読みいただきありがとうございます。

映画監督って思っている何倍も本気なんだと思う。

あなたのオススメも教えてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました