【死刑に至る病】中毒注意。4つの毒。【ネタバレなし】

映画

映画「死刑に至る病」を鑑賞しました。

先週は満員で入場できず…。リベンジでした。

管理人
管理人

こちら、非常に中毒性のある怪作です。

今回は、できるだけネタバレせずに「どんな毒があるか」をお伝えします。

映画のあらすじや、よりライトな見どころ解説はこちらをご覧ください↓↓↓↓↓↓↓↓

 



面会シーンが毒

「死刑にいたる病」は、シーンの多くが面会室です。

阿部サダヲ演じる殺人犯「榛村」と大学生「雅也」が面会を数度重ねます

面会室のガラスの反射を効果的に使って「榛村」の人心掌握を描写しています。

「もしかして、いい人なのでは…?」と思ってしまうほどのその効果は中毒性抜群。

2人の顔が重なる時、彼らは、いったいどんな心理状態であるのか。よくご覧ください。

パン屋にとって毒

阿部サダヲ演じる殺人犯「榛村」はパン屋を営んでいました。

表の顔は優しいパン屋のおじさん。

そして裏の顔はレクター博士もびっくりの猟奇殺人犯

怖すぎて、パン屋の営業妨害になりそうなほどです笑

これを観た親御さんは、しばらく個人商店で買い食いをさせにくいと思います笑

白石和彌ファンに毒

「死刑にいたる病」は白石和彌監督作品としては、少し難解なストーリーだったように思います。

いくつか謎を残して終わりますので…。

代表作「孤狼の血」や、雰囲気の似た作品「凶悪」は、かなりストレートで分かりやすいストーリーでした。

あらたな境地で、なんだか嬉しいし、「怖いけどもう一回観たいな」と思わせる中毒性がありました。

白石和彌監督の作品って、めっちゃ面白いけど、カロリーが高いからあまり二度三度は観づらいんですよね。

しかし、「死刑にいたる病」はそれを越えて「気になる」部分が大きいです。

阿部サダヲの髪型が毒

私はかなり笑ってしまいました。その理由を解説します。

映画の中で、「榛村」の若いころが出てきます。

この時の髪型がいわゆるマッシュルーム系のセンター分けなのですが、実にあの芸人に似ています。

ピカソより普通にラッセンが好きなあの芸人です笑

服装とか背丈も似ているのが、気になってしまいました…。

これは本当に毒性が強い。罪な男です。

今日の映学

最後までお読みいただきありがとうございます!

管理人
管理人

「死刑にいたる病」の中毒性について紹介しました。
恐くて重くて疲れるけど、また観たくなる。気になる。そんな中毒性の強い映画です。

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました