【孤狼の血2】目に宿すのは、楽園か地獄か

映画

映画「孤狼の血 LEVEL2」をゾンプラで鑑賞しました。

 

ハードコアな映画です。最近穏やか系多かったので、ずしんときました。

ホラーより気が抜けなく、怖疲れるけど面白い。そんな作品の見どころを解説します!

はじめに

主人公は、目的の為には手段を択ばない一匹狼の刑事・日岡(松坂桃李)。街の平和のため警察と裏社会のタイトロープを続けていたが圧倒的 “悪”=上林(鈴木亮平)の登場によって、秩序が崩れていく…。暴力団組織の抗争、警察組織の闇、マスコミの策謀、身内に迫る魔の手、そして最凶最悪のモンスターによって、日岡は絶体絶命の窮地に追い込まれる・・・!そんな極限状態の中で、日岡が知る衝撃の事実とは?信じられるのは誰か?ここでは、闘うヤツしか生きられない。
https://www.youtube.com/watch?v=uvF0NWMxhLk

広島のヤクザ担当刑事の物語です。

前作「孤狼の血」を鑑賞し、私は白石監督のファンになりました。それほどに面白かった前作ですが、果たしてその続編にあたる今作はいかに…。

亮平さぁ…

今作は鈴木亮平が非常に目立っています

前作に出演していた役所広司、ピエール瀧など魅力的なキャストが不在であるため、ほとんど鈴木亮平と松坂桃李にその分のカロリーが乗っかっていました。

メインキャストはこんな感じです↓

画像1

鈴木亮平が本当にすごいです。悪の塊のような役「上林」を見事に演じています。

画像2

この写真はセクシーですが、そんな期待は一切されぬようにお願いします笑 彼の行動はキッツいです。

ドキドキが止まらん

そんな鈴木亮平の出演中は、必ず怖いことが起こるので、ほとんどの時間ドキドキを強いられます笑

口空いたままでした。

 



JOKERと比べてどっちが

画像3

2019年に公開され、その過激な内容から話題を呼んだ「JOKER

今なお人々に影響を与える、いわば悪のインフルエンサーのような存在でした。

鈴木亮平演じる「上林」はというと、まっすぐに悪です。真似のしようがありません。

彼に憧れる人間がいたらそれはもう、危険です。近づかない方がいいです笑

ラストの吉田鋼太郎が

こちらはブログで!笑える見どころとなっております!

神無月に見えたのは私だけじゃないはずです。

今作で割とカッコ悪く、頼りない役を演じている吉田鋼太郎さん。

ラスト周辺の登場シーンにご注目ください。かなり神無月です笑

画像4

最後までお読みいただきありがとうございます!

松坂桃李演じる「日岡」の葛藤と、鈴木亮平演じる「上林」のバイオレンスをご堪能ください。

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました