シャイニング上 読了

読書

シャイニングの上巻を読了しました。感想と考察を1分でお伝えします。

上下読み切る予定でしたが、不甲斐ない結果となり恥ずかしいです。

これまでの記事はこちら!

はじめに

私は映画シャイニングが大好きです。が、小説を読んだことがないので、挑戦中です。

上巻だけでも、なかなかボリュームがありました。
そして、私は翻訳された物語を読むのが、ハリーポッター以来でした。

でも、わりとサクサク読めましたね。
やはり、かなり面白い。

結論からいうと、上巻は全然怖くないです

しかし、下巻を楽しむ上で、重要な内容はふんだんにあるのではないかと思います。

以下で、映画との比較もしつつ、感想と考察を述べます。

感想

怖くはない
先述の通り、あまりホラーな表現はありません。
しかし、家族の、特にジャックの、人となりやバックボーンがよくわかります。

人物のディティール
家族が逼迫していることは、映画ではいまいち掴みきれませんでした。
しかし、本当ギリギリですあの家族

ジャックの癇癪とアルコール中毒はかなり深刻です。

ダニーの精神も不安定が過ぎます。

ウェンディは母親と異常に不仲です。

上巻でこれらを掴んでおくことは、全体を楽しむ上で大切なのでしょう。

③ホテルのディティール

ホテルに関しても同様。

恐怖の館、オーバールックの歴史や事件が具体的に書かれています。

ホテルの魔性が、なんだか読んでいてドキドキしました。
初めての感覚です。

考察

インディアンのメタファー

映画と同じく、あるような気がします。

不意に出てくるのですよ。インディアン。しかもダニーの語りで。

237号室は217号室

噂に聞いていた通りでした。
映画では撮影したホテルへの配慮から、237号室にしたけど、実際は217号室

そして、小説にも、ヤツは、いました。

双子は双子じゃない

映画で先代管理人に殺された双子の少女ですが、小説では歳の近い姉妹でした。

これはキューブリックのお家芸、シンメトリーをかましたいからっぽいですね。


最後までお読みいただきありがとうございます!

映画に登場した大好きな悪霊たち、下巻では登場するのか?!

楽しみです!

10日までに読むことを目標にします。まだ読んだことない人は一緒にどう??



 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました