映画を題材にした映画【映画讃歌】

映画

映画を題材にした映画を紹介します。90秒で読めます。

 




どの作品も「映画って素晴らしい!」と伝えてくれます。

あなたのおススメや共感の声など、コメントいただけると幸いです。

目次

  •  雨に唄えば
  •  蒲田行進曲
  •  Once Upon A Time in HOLLYWOOD
  •  HUGO
  •  Nuovo Cinema Paradiso
  • おわりに

 雨に唄えば

画像1

ミュージカル映画の傑作です。曲もさることながら、ストーリーも秀逸。


駆け出しの女優がスターを目指すお話。


サイレントからトーキー映画(音声あり)の映画への転換期を細かく描いており、大変勉強になります。


雨具の黄色さと質感がインパクト大。

 蒲田行進曲

画像2

映画撮影所を中心に、銀幕スターやスタントマン、おっかけの女性をドラマチックに描いています。


若き風間杜夫がかっこよく、松坂慶子はとにかく美しい。


スタントマンの苦悩をよく描いています。


「恋人も濡れる街角」が何度もかかるけど、くどくない。

 Once Upon A Time in HOLLYWOOD

画像3

西部劇中心の映画からの転換期のハリウッドを描いた作品。


やはりブラピはかっこよいと再認識させられました。


ヒッピーカルチャーもよくわかります。


タランティーノだから、多少ぶっとんだものを期待してみると肩透かしをくらうかも。でも面白いです。でも長いです。

 HUGO

画像4

みなしごの少年ヒューゴのお話。亡き父親が抱いていた映画愛と映画の歴史に迫る作品。
邦題「ヒューゴの不思議な発明」とかポスターとか宣伝が子ども向け感満載ですが、完全に大人向け。監督スコセッシだし。何してくれとんねんと思っています。プチオコです。


そんなこんなで、やや埋もれた、泣けて、学べて、ドキドキして、クロエグレースモレッツに癒される、超名作だと思います。

 Nuovo Cinema Paradiso

画像5

やはり最後はこれでしょう。


イタリア映画普及の名作です。


イタリアの田舎で暮らす少年の成長と、町の人々の娯楽に深く関わった映画館のお話です。


友情とは、愛情とは、約束とは、夢とは、仕事とは…。様々なことを学べます。


大好きです。人生で最も多くみている作品ですが、ラストは必ず泣いちゃいます。


先日目黒シネマで観た時も号泣だったなあ。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

あなたの好きな映画を題材にした映画はありましたか。

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました