「レザボア・ドッグス」低予算だからこそ生まれるドラマがあった!

映画

映画「レザボア・ドッグス」を鑑賞しました。

クエンティン・タランティーノが若い頃に監督・脚本・出演を務めた作品です。

映画雑誌「Empire」が発表したインディペンデント映画ベスト50において『ターミネーター』、『ユージュアル・サスペクツ』といった作品を抑えて1位にランクインしたという名作。

今回の記事では「レザボア・ドッグス」をより深く味わうために見どころを解説します。

この映画を観たきっかけ

私がこの映画を観たきっかけは、アニメ「チェンソーマン」のOPに使用されていたことです。

先述の通り、90年代を代表する名作なのですが、恥ずかしながらこれまで観たことがありませんでした…。

結論、観てよかったです。かなり好きな作品でした。

ライク・ア・ヴァージンの解釈
巨根の歌ではないとマドンナに怒られた

現金に身体を張れ
スタンリー・キューブリックの作品
競馬場の売上を盗む話
結末に向かって進むのではなく、回想に戻ったり現在に行ったりを繰り返す画期的な作品。

低予算故に名作へ化けた

「レザボア・ドッグス」は低予算で製作される予定でした。

当時のタランティーノは29歳。

自身や俳優を売り込むために脚本を書きました。

3万ドルで作ろうとしていたのですが、プロデューサーのローレンス・ベンダーの頑張りや、ハーヴェイ・カイテルが出演を希望したことでお金が集まりました。

結果的に160万ドルの出資を得られることになったのです。

しかし、160万ドルでも映画の製作費としてはかなり低予算。
(同時期に公開された「ターミネーター2」は9400万ドル

だからこそ生まれたドラマがあったのです…!

 



ダークスーツ

OPからとにかくカッコいい「レザボア・ドッグス」

劇中で俳優たちが身にまとうダークスーツ。

他の作品にも多大な影響を与えた、ダークスーツに細身のネクタイで揃えたスタイルも、低予算で作られたからこそなのです。

衣装を揃えるために、喪服ならみんな持っているだろうという理由で、ダークスーツが採用されました。

でも実は、よく見ると、ティム・ロス演じるオレンジが履いてるのはブラックジーンズです。

倉庫

物語の舞台の中心となっている倉庫。

何とも殺風景で、世界観に非常にマッチしています。

あそこ、実は葬儀屋なのです。

ブラウンが座ってるのは霊柩車だし、袋で巻かれてたくさん立てられてるのは棺桶です。

耳を切るカットはない?!

警官の耳を切るシーンがあることで有名な「レザボア・ドッグス」ですが、実は肝心のシーン自体は映っていません。

あえて見せないないことで、見たように錯覚する手法だそうです。

スカーフェイスセブンも同じ手法を用いています。

これも、おそらくは、特撮のコストを浮かす狙いもあるのではないかと思います。

ナイスガイ・エディを撃ったのは誰?

クリス・ペン演じるエディを撃ったのは誰なのかが、公開当時話題になったそうです。

三竦み(メキシカン・スタンドオフ)で銃を構えるシーンで、エディも倒れるのですが、写真で観て分かるように、手前のエディに銃口は向けられていませんよね。

最終的に誰かしらに撃たれる流れだったようですが、火薬のミスによって思わぬタイミングで炸裂したのです。

タランティーノはこれをよしとして撮りなおさずに公開しました。もちろん、予算的な問題もあったでしょう。

結果的に、これが大きな話題となり、映画のヒットに拍車をかけることに。

これも、低予算故のドラマですね。

風船に注目

「レザボア・ドッグス」は、誰が潜入捜査官なのかを、紐解いていくストーリーです。

画面の切り替わりで道路が映るシーンの、風船の色にご注目。

少しだけ早く、真相に迫るヒントが隠されていますよ…!

接着剤の話

作中に出てくる「接着剤の話」は、おそらくこちらが元ネタです👇👇

今日の映学

最後までお読みいただきありがとうございます!

クエンティン・タランティーノ監督のデビュー作「レザボア・ドッグス」を楽しむための情報をお届けしました!
非常にカッコよく、遊び心満載の映画です。ダークスーツでビシッとキメたくなりました。

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました