映画「オカムロさん」一味違う伝播系ホラー【笑わな損】

映画

映画「オカムロさん」を鑑賞しました!

「真・事故物件 本当に怖い住民たち」に続き、オカルトメディアのサイゾーが手がけるホラー映画製作プロジェクトの第2弾作品です。

オカルト好き、ホラー好きとしては見逃せません…!

キャストの伊澤彩織さんにも注目です。

管理人
管理人

今回の記事では、なるべくネタバレをせずに映画「オカムロさん」の見どころや、作品をより楽しむためのポイントを解説します!



STORY

その名を唱えると必ず首を狩られて殺されるという都市伝説「オカムロさん」を題材に描く。
大学生5人が謎の存在「オカムロ」に首を狩られ、惨殺されるという「キャンプ場集団首狩り殺人事件」が起こる。日本中が騒然となるなか、事件で唯一生き残ったすずは、トラウマに苦しみながらも復讐を誓うが……。

https://eiga.com/movie/97201/

都市伝説「オカムロさん」をテーマにした作品。

既存の伝播系ホラーとは一味違ったチャレンジングな見どころを解説します!

伊澤彩織さん

私は去年、「ベイビーわるきゅーれ」を鑑賞しました。

伊澤彩織さんのアクションシーンが素晴らしく、それ以来CGに頼らないアクションの魅力を強く感じるようになりました。

スピンオフ的な作品の「最強殺し屋伝説国岡」「グリーンバレット」や、ブルース・リー作品などがとても楽しいです。

松本監督と伊澤さんは大学の同窓のようです。
脚本は完全に当て書きで、存分に魅力を発揮できるようにしています。

非常に見応えのあるアクションでしたよ!
シェイプされた肉体もカッコいいです。

そして、意外と1番表情豊かなキャラでした。

アクションシーンはCGなし

伊澤彩織さんを筆頭に、アクションシーンが多い今作。

アクションシーンはすべてCGやワイヤーなどを用いていません

昔懐かしい、ウルトラマンや仮面ライダーのような、生々しいアクションが味わい深いですよ♫

全国のオカムロへの配慮

自身が“オカムロ”という名前なら、対象の劇場で鑑賞料金が無料になる「フリーパスオカムロ」が実施されています笑

全国のリアルオカムロさんへのクレーム防止と感謝の印ですね。



都市伝説 オカムロさん

実際世にでてきたのは2019年頃

私はこの話、知りませんでした。

きさらぎ駅や、口裂け女、鹿島さんなどに比べると、超マイナーな部類です。

大した都市伝説ではないですが、だからこそ、この映像化を機にメジャーにしようとするチャレンジングな姿勢がいいですね。

都市伝説のロマンに挑んでいるような…。どこか夢を感じる映画です。

キャンプ場

物語の冒頭が若者グループによるキャンプというのも、定番ホラー映画への愛を感じました。

「13日の金曜日」や「死霊のはらわた」「悪魔のいけにえ」など、若者の休暇やキャンプはホラーの定番ですもんね。

いい始まりでした。

怪異と肉弾戦

怪物や霊的なものに大して、闘う姿勢で挑むのが新しいです。

修行のシーンも実に微笑ましい。

レオン」や「ロッキー」「ベスト・キッド」みたいです。

コロナ比喩

コロナショックの初期にみられた、ヘイトスピーチや、インフォデミックの比喩が面白いです。

「オカムロはただの風邪」には笑いました。

程よくコメディ

「オカムロさん」はかなり笑えるシーンが多いです。

正直、生首がゴロゴロ転がりまくりますが、ぜったい笑わせにかかってます笑

あれらを怖がるか、楽しがるかで、この作品の味わいは大きく変わってきます。

ぜひニヤニヤしながら楽しんでいただきたいです笑

キメるところはキメる

しかしながら、キメるところはキメてくれます。

正直、決戦への備えシーンからの、3人で闘いの場所へ向かうシーンは震えました。

般若心経をハードコア風味にしたBGMもサイコーにカッコイイです。

今日の映学

最後までお読みいただきありがとうございます!

映画「オカムロさん」の見どころを解説しました。
伊澤彩織さんのアクションに加え、既存の伝播系
ホラーとは一味違うオカルト・特撮愛に溢れた作品をぜひご鑑賞ください!

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました