「NOPE」予習記事! 主演とカメラマンに注目。

映画

2022年8月26日(金)に、「NOPE」が公開となりました。

ホラーとサスペンス、スリラーを絶妙にミックスし、唯一無二の世界観を確立した、ジョーダン・ピール監督。

ホラー好きとしては、かなり待望していた作品の1つです。

管理人
管理人

今回の記事は、「NOPE」をしっかりと楽しむための予習記事です!鑑賞前の備えにぜひ♬

STORY

舞台は南カリフォルニア、ロサンゼルス近郊にある牧場。亡き父から、この牧場を受け継いだOJは、半年前の父の事故死をいまだに信じられずにいた。形式上は、飛行機の部品の落下による衝突死とされている。しかし、そんな“最悪の奇跡”が起こり得るのだろうか? 何より、OJはこの事故の際に一瞬目にした飛行物体を忘れられずにいた。牧場の共同経営者である妹エメラルドはこの飛行物体を撮影して、“バズり動画”を世に放つことを思いつく。やがて起こる怪奇現象の連続。それらは真の“最悪の奇跡”の到来の序章に過ぎなかった……。

https://nope-movie.jp/about/

監督について

「ゲットアウト」「アス」と、黒人の俳優を多く使うことが多いジョーダン・ピール監督。

彼の作品は、人種差別が大きなテーマとなっているのが理由です。

これまでの作品は、かなりストレートにそのメッセージをこめていました。果たして「NOPE」はどうなのでしょう。

人種差別という根深い問題を斬新な視点からとらえ、アカデミー賞4部門にノミネートされた『ゲット・アウト』。意外性に富んだ展開と壮絶なバイオレンスを織り込み、格差社会のデフォルメを見せつけた『アス』。スリラーというジャンルに社会性を巧みに結びつけたこれらの意欲作の大ヒットにより、ジョーダン・ピール監督はハリウッドのイノベーターとして、今もっとも注目される存在となった。そんな彼の3年ぶりとなる新作「NOPE」がいよいよベールを脱ぐ。

https://nope-movie.jp/about/

と公式サイトで解説されていました。

今回も主な出演は黒人俳優です。

主演に注目

「ゲットアウト」でも主演を務めるダニエル・カルーヤが今回も主演です。

「ゲットアウト」での演技が素晴らしかっただけに、とても期待できます。

やはり、なにかしら人種問題を絡めた映画であることも予想できますね。

ちなみにダニエル・カルーヤは平成元年生まれです。

「ゲットアウト」は5年前なので、円熟した彼のルックスや演技に注目しましょう。

カメラマンから映画を予想する

最後に、今作の映画の内容を”カメラマン”から予想してみましょう。

「NOPE」の撮影はホイテヴァンホイテマが務めています。

ホイテヴァンホイテマは、クリストファー・ノーラン監督の映画を多く撮影しています。

つまり「インターステラー」や「TENET」などの、超一級のSF作品を手掛けているのです。

他にも「アドアストラ」も撮っていますね。

このことから、SF色の強い作品であることが予想できます!

ちなみに、彼はIMAX用のバカでかカメラ(20㎏くらいある)を肩に担いで撮影します笑

そのおかげで、ノーラン作品のIMAXの世界はグググっと広がりました。

「NOPE」、カメラワークも超チェックですよ。

今日の映学

最後までお読みいただきありがとうございます!

管理人
管理人

「NOPE」の予習記事を解説しました。
監督やキャストから、人種問題のメッセージがあるであろうこと、
カメラマンから、SF色の強い作品であることを予想しました。

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました