【 テイキングオブデボラローガン】恐婆警報発令

映画

 



映画「テイキング・オブ・デボラ・ローガン」の見どころ紹介です。3倍楽しめます。

1分で読めます。

結論

いろんな怖さが詰まった映画

でも散らかりすぎてはいない

サブリミナルが嬉しい

はじめに

『テイキング・オブ・デボラ・ローガン』は、2014年制作のアメリカ合衆国のホラー映画です。

アルツハイマー病患者の老女を取材する学生たちが想像を絶する恐怖に見舞われる姿を描いています。

・いろんな怖さが詰まった映画

今作は様々なホラーの味わいが詰まっています。

狂人系、エクソシスト系、ドキュメント撮影系…、などなど。

ホラー映画の要素がたくさん詰まっています。

・でも散らかりすぎてはいない

しかしながら、散らかりすぎてはいません。

いい感じのバランスだったように思います。

先の読めない面白さがあります。果たしてどうなる?!と見守りたくなる映画でした。

やりすぎ感はなかったです。

・サブリミナルが嬉しい

特に見逃してほしくないのが、サブリミナル効果です!

私は気づけましたよ…♪

90分程度の長すぎない映画なので、ながら見ではなく、しっかりめに観てほしいです。

そうすればだれでも気づけると思います。

エクソシストファンとしてはこの演出は嬉しかったです。

最後までお読みいただきありがとうございます!

ホラーが続いてます。

こちら、Amazon Prime Videoで観ることができます。

 

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました