柔和さゆえ、より残酷

映画

古き良きホラー映画「フランケンシュタインの花嫁」の解説と得られた学びを書きます。1分で読めます。

 



フォロワーさんからのおススメで観ました。結論から言うと前作よりも、さらに切なく、悲しかったです。前回の記事はこちら。

理由を考察します。

前作ではとにかく人から恐れられるばかりですが(一瞬は朗らかなシーンも見られますが)、今作は、モンスターに友達ができます。

モンスターの可愛さとか、優しさ、心の成長が見られるのですね。だから、バッドエンドへの転落がより悲しい。

悲しいので、もう、観たくないです笑

最後までお読みいただきありがとうございます。

緊張の緩和から笑いが生まれる理論と同じで、悲しさも幸せな時間があるほど大きくなるのですね。

コメント ブックマーク 拡散 よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました