90年前からのメッセージ

映画

フランケンシュタイン 1931年版を観て学んだこと考察を書きます。アマゾンプライムで観ました。

1分で読めます。



本作、非常に古いのです。1931年。90年前ですね。しっかり白黒映画です。

しかしながら、こういった古き良きユニバーサルの、オカルトやSF作品には、絶妙な近未来感やクレイジー感があります。

不思議ですね。実にwired。

さて、こちらの作品、何度もリメイクされているので、大まかな内容はご存じの方が多いと思います。

「フランケンシュタインはあのモンスターではなく、博士の名前なんだぜ」というプチ豆知識マウンティングも、聞き飽きました。

しかし、ホラー映画好きな私でですが、きちんと観たのは初めてでした。彼の役名は「the monster」となっていました。

感想を結論から言うと、できれば2度は観たくないないです。

理由は、「the monster」があまりに不憫だからです。

フランケンシュタイン氏が興味本位で死体から人を蘇らせ、あげく放置され、最後まで不幸に見舞われる。

作者のメッセージにあるのかどうかは不明ですが、子育てや、ハンディを抱えた人に対する世の中の扱い、といったあたりが隠喩されているのではないかと思います。少なくとも私はそういった印象を受け、悲しい気持ちになりました。

怖さはないです。ただ悲しい。そのもの悲しさ、切なさは少しクセになりそうですが…。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ホラー映画には多くの場合、隠されたメッセージが存在します。多面的にとらえたいものです。よければこちらもご覧ください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フランケンシュタイン【Blu-ray】 [ ボリス・カーロフ ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2021/9/7時点)


ブックマーク コメント よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました