【エクストロ】終わりと俳優の美しさはA級

映画

 



ゾンプラで「エクストロ」を観ました。

B級臭強めの作品でしたが、見どころもたくさんあったので解説します。

はじめに

「エクストロ」は、1982年のイギリスのSFホラー映画です。

全体的な評価としては賛否の否が多かったようですが、特殊効果に関しては評価が高かったようです。

私はアメリカ以外のホラーとかSF映画の、独特な変わった雰囲気が好きなので楽しく鑑賞できました。

それでは見どころ行きましょう!

監督は日本好き?

画像1

子役の寝室にある鬼のような面

女性が着るジェダイみのある和装っぽい服 など

なんとなく日本のカルチャーを感じる場面がありました。

イギリスの1980年代といえば、クイーンもそうですが、日本カルチャーがひとつブームだったのかもしれませんね。

スーファミのドラクエのようなBGM

画像2

シャイニングやエクソシストほどは洗練されていないながらも、チープなよさがあるというか、何か印象に残るサウンドです。

あの頃のドラクエの不気味なステージを彷彿とさせます。

超サイヤ人のバーゲンセール並みに美女が

画像3

写真の「マリアム・ダボ」を筆頭に、美しい女優がたくさん登場します。

(少しセクシーなシーンも)

ネットで検索してもマリアム・ダホ以外ほとんどヒットしないので、映画観るしかないです笑

B級好きにはたまらないシーン

画像4

クリーチャーもB級感強くていいのですが、中盤以降に、ピエロとアーミー人形が等身大で現れるシーンが特にすごい。

極上のB級感です。楽しい。

ロッキーホラーショー好きな人は絶対好きです。

なんならこのシーン以降はずっとB感強くて面白い。

ラストの演出かなりグー

最後に「ただのB級だと思ったけど、あれれ?!」と感じた理由をお伝えします。

私はラストシーンで、「2001年宇宙の旅」を思い出しました。

画像5

あの静かで白くて、ドキドキする不思議な雰囲気。わかりますか?

まさかのB級SFホラー映画であの感じを味わえるんですよ。

かなり好きなラストでした。

最後までお読みいただきありがとうございます!

こちらの映画Amazon Prime Videoで観ることができます。

久々に海外B級映画を観ましたが、やはり面白いですね。

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました