【ザ・ファブル】が実写だと笑えない理由

映画

劇場版「ザ・ファブル」を鑑賞しました。

人気コミックの実写映画です。

管理人
管理人

アクションもストーリーもいい感じで、面白いのですが、
ちょっとコメディとしては素直に笑えない。
その理由を解説します。

「ザ・ファブル」はこんな映画

「ザファブル」は2019年に公開された日本の映画です。

ヤングマガジンで連載していた作品の実写映画です。

続編は現在も連載中。かなり面白い漫画です。ヤングマガジンを支える看板連載と言っても過言ではありません。

それではここからは、面白いポイントと、でも素直にゲラゲラ笑えない理由を解説します。

岡田くん面白い

岡田准一さんが主演です。

原作の主人公にかなり近い演技で、楽しませていただきました。

マッチョなので、アクションもカッコいいです。

佐藤二朗面白い

佐藤二朗さんは主人公の働き先の上司を演じています。

いつものコミカルな佐藤二朗さんです。

明朗で楽しい、いい人を演じていました。

でも笑っていいのか微妙

でも、岡田さんや佐藤さんの演技も含めて、笑っていいのかどうか微妙なんですよね…。

その理由はブログで詳しく解説します!

なぜなら、ヤ〇ザや殺し屋が出てきて、人がたくさん撃たれて、〇されるからです。

しかも、結構グロいんですよ。しっかり血が出ます。

漫画だと、そこまでリアリティがないから笑いやすいのですが、映画は変に血や射撃の描写に力を入れているので、笑いにくいのです。

不謹慎な感じがしちゃいました。

今日の映学

最後までお読みいただきありがとうございます!

管理人
管理人

漫画の実写化で、主人公の雰囲気も踏襲していても、意外な理由から、笑いがたいこともあるのですね。

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました