「テリファー」グロすぎシーン3選!ハロウィンに観る勇気はあるか?!

映画

映画「テリファー」をゾンプラで鑑賞しました。

映像の質や、ジャケットから、B級ホラー風味が漂う作品ですが、実はかなりスラッシャーものとして見応えがあります。

私はホラーやスラッシャーの耐性はかなりある方ですが、ひぇーっとなるシーンが何箇所かありました。

また、「テリファー2」が2022年10月にアメリカで公開され、失神・嘔吐者が続出したそうな。

あまりにキツイ内容故に、公開が中止となったため、日本での上映は難しいかもしれません…。

でも大丈夫。「テリファー」はゾンプラで観られます。

 

管理人
管理人

今回は、「テリファー」のスラッシャーでひぇーっとなるシーンをランキング形式で紹介する、ニッチな記事をお届けします。

作品概要

「テリファー」
2016年 アメリカ
監督:ダミアン・レオーネ

ハロウィンの夜に仮装して遊んだ後、若い女性二人が、白黒のピエロに扮した殺人鬼、「アート・ザ・クラウン」に襲われる様を描いたお話。

先述の通り、映像は昔の海外のホラードラマのような、B級感漂う雰囲気ですが、結構キメのショットがあり、見応えがあります。

ピエロとビルで再び遭遇するシーンは、なかなかドキッとしました。

音や映像の緩急がうまいので、結構怖いです。

しかしながら、まあ兎にも角にも、スラッシャーが印象に残る作品です。

それではここからは、ホラー好きの私がひぇーっとなったシーンを三位から順に発表していきます。

第三位 首元トゥルン

同僚の様子を見に来た清掃業者の男性が、首を切られるシーン。

強そうな男性ですが、驚くほどアッサリとやられます。

そして、首をマチェットのようなもので切り取られます。

その時の首元のトゥルンとした感じが何とも気持ち悪いです。

第二位 被害者インタビュー

冒頭のシーンです。

「アート・ザ・クラウン」の被害者が、テレビのインタビューで顔出し出演します。

クラウンにめちゃくちゃにされた後の顔はなかなかキツイ。

とか思っちゃダメ。っていう演出も面白いです

第一位 お股ノコギリ

やはりナンバーワンはこれでしょう。

レザーフェイスでもあそこまではいってない。

切り始めは本当にひぇーって感じです。

でもめちゃくちゃスムーズに、ほぼ真っ二つにしちゃうからちょっと最後は笑っちゃいました笑

今日の映学

最後までお読みいただきありがとうございます!

管理人
管理人

スラッシャー満載の映画「テリファー」の思わずヒエッとなるシーンを3つ紹介しました。
「テリファー2」がいつか公開されますように…。

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました