「ビリーバーズ」あなたの欲を刺激する

映画

映画「ビリーバーズ」を鑑賞しました。

みだらな夢と極限の現実、その向こう側に見えたものとは…。

管理人
管理人

この映画、ストーリーはやや予想できる内容でしたが、超貴重なショットが合計11回観られます。

あらすじ

とある孤島で生活をする二人の男と一人の女。
ニコニコ人生センターという宗教的な団体に所属している3人は、オペレー ター、副議長、議長と互いに呼び合い、人の生活を送っていた。想、昨 見た夢の報告、テレパシーの実験といったメールで送られてくる不可解な“孤島の プログラムを実行し、時折届けられるかな食料でギリギリの生活を保つ日々、これら は俗世の汚れを浄化し “安住の地”へ出発するための修行なのだが、そんな日々のほんの僅かなほころびから、3人は徐々に互いの本能と欲望を描き出してゆき…。

チラシより引用

ストーリー構成は、あらすじや予告編を観て自分が予想した通りでした。

しかしながら、映像描写が、私の想像を遥かに超えてきました。

ある貴重な、2つのショットが、5回と6回観る者の感覚を刺激します。

その一つが…↓

トップレスシーン

北村優衣さんのトップレスシーンが5回以上確認できました。

とても美しいです。スタイル抜群。

大スクリーンで観るのは何とも恥ずかしいような、背徳感を覚えました。

しかし、これこそが、この映画の狙いなのかもしれません。

というトリガーを、鑑賞者にも共有させているのかも。

この映画、トップレスシーンが多数あるだけでなく、性行為の描写も満載ですので、苦手な人はお気をつけなすって。

しかし、性行為の描写で、見逃してほしくないのが…↓

磯村勇斗の顔芸

主演の磯村勇斗さんが白目をむくシーンです。

計6回の白目を確認しました。

白目の上手さで起用されたか、あるいはめちゃくちゃ練習したはずです。ご堪能あれ。

イケメンの白目が大好きな人は見逃せませんね…!

あんなに見事な白目は、「エクソシスト」か「のだめカンタービレ」以来です。

最後は少し真面目に分析します。

宗教がテーマだと結局…

「ビリーバーズ」の主人公たちは、「ニコニコ人生センター」という怪しい宗教団体に所属しています。

日本で宗教をテーマにすると、結局同じようなオチになってしまうのが、なんだかなぁと思います。

どんな作品も、オ〇ムに着地すんだよなぁ。

これは以前解説した、「N号棟」という映画も同様でした。

N号棟が全く怖くない理由
「N号棟」を鑑賞しました。ミッドサマーのような、考察しがいのある作品だと聞いて鑑賞したものの…、全く怖くないし、考察する気も起きませんでした笑 チャレンジは称賛します! 怖くない理由を解説しました。ややネタバレ含みますのでご注意ください。

だから何となくオチが予想できてしまって、退屈です。

しかしながら、「ビリーバーズ」はそれ以外の「欲」を刺激するというチャレンジングな取り組みが面白いです。

今日の映学

最後までお読みいただきありがとうございます!

管理人
管理人

「ビリーバーズ」は新興宗教がテーマであるため、ある程度筋が予想できますが、それを補うチャレンジングな描写を楽しめる作品でした。

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました