陽の当たる方を歩こうよ

音楽

 



先日「ルイ・アームストロング」について紹介しました。

朝ドラで話題の「On the Sunny side of Street」歌詞や背景をしっかり調べると、とても感動したので、紹介させていただきます。

JAZZの名曲って、名曲たる由縁があるものなのです。

合わせて他の名曲についても紹介します♪

「On the Sunny side of Street」

「Waltz for Debby」

「Over The Rainbow」

「Over The Rainbow」という曲自体は、オズの魔法使いのために作られ、パウエルが演奏する以前から人気のあるナンバーです。

今回はバド・パウエルと「Over The Rainbow」に絞ってご紹介。

バド・パウエルはもともとニューヨークの音楽一家に育ち、JAZZピアニストとして成功していました。

ですが、1945年のある日、親友のモンクをかばい、麻薬所持を不当に疑われ、逮捕されてしまいます。

これを機に彼は精神的に落ち込み、やがて麻薬やアルコールに依存していきます。

50年代をそのように過ごし、さらに1960年頃にはJAZZが不況に…。

多くのJAZZプレイヤーがアメリカからヨーロッパへ拠点を移しました。バド・パウエルもその一人です。

失意のパリ時代。あるレコード会社の社長に会い、仕事のオファーをされます。

社長は自身の情熱を伝えるために拙い演奏で「Over The Rainbow」を演奏しました。

その演奏を聴いて、バド・パウエルは大変勇気づけられたとか。

(このストーリーは『ワイルドマウンテン』という漫画から得た情報です。本当なのかな…。知っている人がいたら教えてください。全然文献ないのです。)

最後までお読みいただきありがとうございます!

JAZZって、つい最近まで少し苦手だったのですが、知れば知るほど面白いです。奥が深いしカッコイイ。

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました