青春の闇、歪み、悩み、望み

漫画・アニメ

“ずっと自分のこの性格から逃げていたんだ”

“どうしてオレ達ああいう連中と違うんだろう”

漫画「さくらの唄」を読んだ感想です。

結論

①清涼感の上巻とスリルの下巻 
 下巻はかなり重い

②青春の葛藤が好きな人にはオススメ

③自分らしさや、やりがいに向き合う勇気をもらえる作品

それでは解説していきましょう!

はじめに

「さくらの唄」は1990年から1991年にかけて「週刊ヤングマガジン」に連載された安達哲の漫画作品。

単行本3巻は絶版となっていますが、文庫版で上下巻として販売中です。

人の視線が気になりすぎる、絵の得意な高校生、市ノ瀬 利彦(いちのせ としひこ)の青春と葛藤を描いた作品です。

それでは解説していきましょう!↓↓↓↓↓↓↓↓

①清涼感の上巻とスリルの下巻 下巻はかなり重い

上巻は非常に前向きで、ポジティブな気持ち、『自分も高校生の頃こうだったな』とノスタルジックで心地よい気持ちで読めます。

しかし、下巻は結構キツイ。性的描写や、社会の悪が強めに描かれます。ハードな内容が苦手な方はご注意を。

しかし、最後まで読めば救われる内容ではあるのでご安心を。

②青春の葛藤が好きな人にはオススメ

主人公の若さゆえの悩みを俯瞰して読めるのは面白かったです。

私は暗い部分のある主人公にかなり共感できました。

学生時代の悩みや心の動きを今でも覚えている人には共感を。

忘れかけている人には追憶の体験をくれるでしょう。

友達に映画の編集作業を押し付けるシーンがあるのですが、なにかグッときましたね。友達との別れや、グループを乗り換えるような葛藤は私にもあったような気がします。

③自分らしさや、やりがいに向き合う勇気をもらえる作品

一見重々しく、おどろおどろしい描写も多い今作ですが、伝えたいテーマは主人公利彦の選択や、ヒロインの最後のセリフ

「最初から自分信じてやってればよかったのよ」

に込められているのではないかと思います。

自分の行動の指針はどの欲望や信念に従うべきか。見つめなおすことができました。

最後までお読みいただきありがとうございます!

重めの漫画や映画もたまにはいいものです。↓これも心が動きました。

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123



コメント

タイトルとURLをコピーしました