【マリグナント】走りながら計算ドリルを解くような

映画

映画「マリグナント」を観た感想と、5倍面白く観るためのポイントを解説します。

1分で読めます。

※少しネタバレを含みますのでご注意ください。

結論・こんな人におすすめ

スピード感、カメラアングルの多彩さ、赤を基調とした色使いはお見事!

ストーリーとジャンプスケアのバランスもちょうどよい。

ソウや死霊館とどちらがよいかと言われれば難しいところ。

ファイナルデッドコースターやキックアスなどアクション強めの作品が好きな人におすすめ。

日本のホラーのように、恐怖や怪異の理由を紐解いていくものが好きな人にもおすすめ。

感想

新しい感覚のホラーとのことでしたが、まあそこまでのインパクトはないです。前述のとおり、同監督作ソウや死霊館とどちらがよいかと言われれば難しいところです。

しかし、カメラアングルや色使いの工夫や、時間の中でうまく着地させ、疑問を残りにくく、気持ちよく鑑賞させるという気概を強く感じました。

金字塔になるほど怖いかと言われればわかりませんが、とてもいい映画です。

5倍楽しむ見どころ・考察

見どころ① 「スイッチ(没入)する瞬間」

主人公が眠っているというか、意識を失っている時に、自分のいる場所からジュクジュクと周りの景色が変わるシーンが何度かあります。これはかなり見ごたえがあります。ゾクゾクして気持ちいいです。

見どころ② 「エルム街の悪夢」

上述のテーマは、1984年の映画「エルム街の悪夢」に少し似ているところを感じます。赤を基調にした雰囲気も、もしかすると…?

見どころ③ 「ジェームズワンはNARUTOファン?」

さらに強引ですが、もしかするとジェームズワンはNARUTOファンかもしれません。ガブリエルと九尾の設定はとてもよく似ています。日本の人気コミックのオマージュだったら嬉しいですね。

最後までお読みいただきありがとうございます!

ホラー映画の定番で、笑ってしまうシーンも多いですが、とてもいい映画。観る価値はあります。

妹可愛いく、刑事かっこいいです。

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123



コメント

タイトルとURLをコピーしました