奇妙可愛いという稀有なジャンル

映画

シネヌーヴォという大阪のミニシアターで『クー!キン・ザ・ザ』という変な映画を観た感想です。1分で読めます。



はじめに

クー!キン・ザ・ザは、2013年ジョージア・ロシア合作のアニメーションSF映画です。

ダネリヤの1986年の実写映画『不思議惑星キン・ザ・ザ』をアニメ化した作品です。

『不思議惑星キン・ザ・ザ』はカルトSF映画として、知る人ぞ知る名作だそうで、期待に胸を膨らませて鑑賞しました。

ざっくりあらすじを解説すると、モスクワの夢見る若者と、有名チェロプレーヤーのおじさんが別の惑星へさまよい、脱出しようと頑張るお話です。

様々な見た目の宇宙人が出てきます。

感想

いやー、不思議な作品でした。

今のロシアや、当時のソ連の社会主義や共産主義へのメタファーが込められているのだとは思いますが、わからなかったです笑

ただ、人種差別へのメッセージは、かなり強いように感じます。

様々な見た目の宇宙人が出てくると先述しました。

この宇宙人が2種類に大別されており、さらにズボンの色で階級分けされているという設定でした。

直接的な表現はなかったですが、人種差別メタファーがプンプンしますね。

キャラクターが個性的で可愛くて分析できなかったと言い訳させていただきます。

ダウンロード

やはり、ロシア・ジョージア独特の文化なのか、日本人には思いつかなそうなキャラデザインが多く、目を見張りました。

老夫婦風のキャラが特に可愛かったです。貼り付けた動画の静止画面に映っている二人です。可愛い。

あと、なんかケツを強調したセクシーキャラが多かったです。これぞロシアって感じ笑

最後までお読みいただきありがとうございます。

なんだかクセになる作品だったことは間違いないです。

サイコ・ゴアマンといい、変なSF上映が少し流行っていますね。嬉しいです。↓↓↓↓↓↓↓↓

変な映画や、SF、アメリカ以外の海外作品を観たい人にはかなりおすすめです。

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました