「ドラゴン怒りの鉄拳」犬食いのブルース

映画

「ドラゴン怒りの鉄拳」

主演ブルース・リー、監督ロー・ウェイのタッグ、「ドラゴンシリーズ」の中でも、異彩を放つ作品です。

カルト的な人気も高く、Tシャツにもなっているほど。


管理人
管理人

今回の記事では、そんなカルト的な人気を誇る「ドラゴン怒りの鉄拳」の”実は”な情報をお伝えします!

ブルース・リーは犬を食べている

師匠の墓場でブルース・リーは焚火をし、虎視眈々と復讐心を燃やします。

その時、何か動物を焼いて食べているんです。

あれは何と、「犬」らしいです。

UMA説もありますが、犬説濃厚

しかも何とその後…。

唯一ブルース・リーが○○シーンを演じた

犬を食べたその直後に、「ノラ・ミャオ」と熱いキスシーンを演じます。

ブルース・リーのキスシーンは後にも先にも「怒りの鉄拳」で見せたこのシーンだけだそうです。

犬の香りのするキス、どんな感じなのでしょう笑

ジャッキー・チェンが出演している

スタントとして、多くのモブ格闘家の一人の中にジャッキー・チェンがいます。

あまりにモブスタンドなので、ほとんど顔は確認できませんが。

ちなみに、ユンピョウも出ています。

霊幻導師は出ていません!

白人武道家はブルース・リーの弟子

敵陣営でかなりの強キャラである、怪力ペトロフ。

ロバート・ベイカーという人が演じているのですが、彼はブルース・リーのジークンドー道場の弟子です。

キチンと強い二人だからこそ、作中最も見ごたえのあるファイトができたわけですね!

敵道場は柔術使い

敵陣営の道場は、柔術を主体とした流派です。

しかしながら、ブルース・リーは立ち技やヌンチャクを用いたファイトスタイルであるため、彼らは一度も投げ技や関節を見せることはありませんでした…笑

公開時ブルース・リーは亡くなっていた

オンタイムで鑑賞した世代の人はご存じかもしれません。

日本では、『燃えよドラゴン』『ドラゴン危機一発』と連続で大ヒットし、ブルース・リー人気が高まる中、リーの一周忌にあたる1974年7月20日に公開。

素晴らしいアクションを残して、逝ってしまわれました。

袴が前後ろ逆

敵道場の門下生たちは、日本人の役なので、袴を身に着けています。

しかし、袴を前後ろ逆に履いているのです…。

他にも、浴衣に袴を履いてみたり、変なアロハ着たり、ブルース・リーがお爺さんや電気屋に変装したりと、ファッション的な見どころもたっぷり!

ノラ・ミャオ超かわいい

これはもう、実際に映画を観ていただければわかるはずです。

今観ても可愛い。ブルース・リーがキスしちゃうのもようわかるわ。

上の写真は別の作品です。「怒りの鉄拳」の方が私は好きです。

今日の映学

最後までお読みいただきありがとうございます!

管理人
管理人

「怒りの鉄拳」は見どころ満載です!
アクションもブルース・リーもノラミャオも最高。
爽快に、笑いながらご覧あれ!!

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました