メデューサがネットリおじさん

映画

3月に、映画「ドラえもん」シリーズがゾンプラでたくさん無料公開されました。

 

さっそく、めっちゃ怖いシーンがあるという「魔界大冒険」を鑑賞しました。

はじめに

1984年に公開された作品です。めっちゃ古いんですね。この辺りの映画と同い年です。↓↓

うる星やつらの名作「ビューティフルドリーマーとも同年。

攻めたアニメやファンタジー、懐古的な作品が公開されがちだったのかもしれません。

魔界大冒険」のあらすじは…

空想の世界を実現させる、「もしもボックス」で創りだされた魔法世界。そこで、ドラえもんたちは、魔学博士の満月とその娘美夜子に出会う。なんと、魔法世界の地球は、魔界の悪魔に狙われていた!
Amazon Prime Videoより引用

それでは多くの子どもたちを怖がらせた理由を解説しましょう!

噂のトラウマシーン

画像1

物語の後半で「メデューサ」という悪魔が登場します。

石に変える能力をもつあいつですね。

このメデューサが、とにかく恐ろしい。

まず、男性キャラであるという不気味さ。普通メデューサといえば女性的なイメージですが、今作ではねっとりした感じのおじさんです。

しかも、そいつがめっちゃ追いかけてくるんですね。魔界から、現実世界へ干渉してくるシーンは絶望的に恐ろしい。しかも、一旦は詰みます。↓

画像3

タイムリープとかパラレルワールドとか

画像2

一旦は詰むのですが、タイムリープ的なしかけで何とかなります。

ここが、この作品の非常に優れた点です。

タイムリープやパラレルワールド的な要素をふんだんに取り込んでいます。

だからあの時!」って絶対なりますよ。

チート過ぎる笑

画像4

こちらはブログで!ドラえもん映画の真髄なのかもしれません。

上述したように、SF的要素や、ホラー要素が強い今作。

しかし、ドラえもんとドラミちゃんがいるから、何とかなります笑

あの子たちは本当に優秀ですね。

ちょっと、ストーリー的にはチート過ぎて納得いかないかしょもありました。

しかし、この映画はきっと、内容よりも、やや強めなSFホラー的な視点を届けたかったのかもしれません。1984年ってそんな感じしますしね。

最後までお読みいただきありがとうございます!

ホラー、SFファンも十分に楽しめます。そしてお約束の劇場版ジャイアンもかましてます笑

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました