JOKERが影響を与える4つの理由

映画

JOKER」という映画をご存じでしょうか。

2019年に公開され、世界中で大ヒットした作品です。

今回は映画「JOKER」のすごいポイントを4つの視点でクリティカルに解説します!

結論

「出演者がすごい」

「オマージュがすごい」

「弱い者の心を揺さぶるストーリーがすごい」

「多くの鑑賞者を集めた、畑選びがすごい」

です。簡単に映画の概要を説明してから解説します。

JOKERとは


売れないコメディアンのアーサー・フレックが暴漢に遭遇したのは、ゴッサムシティの街を道化姿でさまよっていたときだった。社会から見捨てられたアーサーは徐々に狂気への坂を転落してゆき、やがてジョーカーという名のカリスマ的な犯罪者へと変貌を遂げる。Amazon Prime Videoより引用

それでは4つの視点で解説していきましょう。

「出演者がすごい」

主演アーサーを務めるのは「ホアキン・フェニックス」です。

かれはかつてスタンドバイミーという超名作の「リバー・フェニックス」の弟です。その美しさと、若くして亡くなったという点でカリスマ的な魅力があります。今なおファンは多いはずです。

ホアキン・フェニックスは、私生活においてもカリスマ的な兄に対し、自分を陰のような存在だと感じていたからこそ、JOKERという役がはまったのかもしれません。

また、映画をご覧になられた方はわかると思いますが、めっちゃ細いです。彼は本来、少し太った役や普通体型の役が多い印象です。

ストイックな役作りはまるでデニーロアプローチです。

そしてJOKERには「ロバート・デニーロ」も出演しています。

彼が出ているからこそ、ホアキンの細さや、オマージュが抜群に映えます。

「オマージュがすごい」

ロバート・デニーロ」の代表作「キングオブコメディ」と「タクシードライバー」のオマージュがふんだんに込められています。

デニーロの役はキングオブコメディの内容と非常によく似ています。円熟したデニーロが今度は司会者側で演じる。何とも感慨深いです。

タクシードライバーの銃を構えるシーンや、銃を撃つマネをするシーンは本当にそっくり。また、ホアキンの体型そのものがタクシードライバーの主人公と同じです。

まだ観たことのない人はぜひ!

「弱い者の心を揺さぶるストーリーがすごい」

ホアキン演じるアーサーは社会的にとても弱い立場です。肉体的な仕事や障害を抱えながら、母の介護をする日々です。

そんな人間が悪のインフルエンサーになるまでを描く、これまでになかったサクセスストーリー。奇しくも共感や興奮を集めてしまう訳ですね…。

また、映画の中でJOKERに賛同する人々にも注目。自分からは動き出せない、心の弱さが垣間見られます。特に電車のシーンは注目。みんなが動いてから動く、流行っているからフォローする。そんな名シーンです。

「多くの鑑賞者を集めた、畑選びがすごい」

こちらが最大のヒット理由です。ブログで解説します。

Twitterを観ればよくわかりますが、今映画ファンは、MCUやDC好きと、それ以外の真っ二つに分かれています。

「JOKER」はバットマンシリーズという点と、ホアキンやデニーロ、そして重厚なテーマをもって、どちらのファンも集めることができました。

こんなに中道的で、どちらも満足させた映画はこれまであったでしょうか。

少なくとも、ダークナイト以来だと私は思います。

最後までお読みいただきありがとうございます!

バッドマンシリーズには魔性の魅力がありますね…。

 お仕事のご依頼はこちらから↓

  クラウドソーシング「ランサーズ」

こちらの映画はAmazon Prime Videoで観ることもできます。

 

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました