ヒッチハイカーは電気羊の夢をみるか

映画

 



映画「ヒッチャー」を鑑賞しました。

昨年、リバイバル上映を見逃したのですが、Amazon Prime Videoに無料追加されていました。

 

クリティカルに見どころを解説します!

はじめに

その男に出会ったが最期、運命は恐怖へとひた走る
シカゴからサンディエゴへの砂漠地帯。陸送の仕事をしていたジム・ハルジーは、ある嵐の夜に1人のヒッチハイカーを車に乗せる。しかし、ジョン・ライダーと名乗るその男はハンドルを握るジムの喉にナイフを突きつけ「俺を止めてみろ」と脅し始める。ジョンは恐ろしい連続殺人鬼だったのだ。一瞬の隙を見て、何とか彼を車から突き落としたジムだったが、それは恐怖の始まりに過ぎなかった。何度でも執拗に襲いくるジョン・ライダー。警察や協力者でウェイトレスのナッシュを巻き込んで事態は悪化していく……。http://xn--https-xr4dna3jxg8j//www.tc-ent.co.jp/sp/hitcher-hd/

思っていた内容とは少し違いましたが、とても面白い作品でした。

見どころを解説します。

意外とドラマチック

「載せたら最後…」というポスター煽りから、ずっと車の中で脅され続けたり、痛い事される映画を想像していましたが、思ったよりスラッシャーではありません

むしろとてもドラマチックです。

知能犯の手強さ

犯人はサイコでありながらも、かなり狡猾です。

巧みに主人公の少年を追い詰めます。

恐ろしい犯人も見どころではありますが、主人公がいかにそれをかわすかも見どころです。

絶妙に乗り越えられそうなギリギリなリアルさが面白いです。

カーアクションも見逃せない

車で逃げたり、追いかけたりするシーンが大迫力です。

中でも、車が炎上するシーンと、パトカーのクラッシュシーンは物凄い。

調べてみるとあの「マッドマックス怒りのデスロード」のジョン・シールが撮影をしていたそうです。納得。

犯人役の男は… 

犯人役、恐いけどポール・ニューマンみたいでかっこいいな」と序盤から思っていました。

調べてみてわかったのですが、「ルトガー・ハウアー」という俳優で、

ダークナイト、ブレードランナーなどにも出演。カッコいい役を演じています。

ブレードランナーのレプリカント然り、ヤバくてしつこい役をとても魅力的に演じますね。

彼は2019年に75歳でお亡くなりになりました。そういった意味でも、なかなか感慨深い映画です。

また一つ、素晴らしい俳優を知ることができました。

最後までお読みいただきありがとうございます!

主人公C・トーマス・ハウエルについても少し紹介します。

C・トーマス・ハウエルは「E.T」と「アメージングスパイダーマンシリーズ」に出演しています。実は結構名優揃いの作品だったのですね。

お仕事のご依頼はこちらから↓

  クラウドソーシング「ランサーズ」

 

当ブログは、毎日更新しています♬
ブックマークして、またご覧いただけると嬉しいです。励みになります。
SNSにフォローしていただければ、更新がすぐわかります!ぜひフォロー・拡散よろしくお願いします。

Twitterはこちら
https://twitter.com/tennoji_yudai
Instagramはこちら
https://www.instagram.com/tennoji_yudai/
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/TennojiYudai
noteはこちら
https://note.com/tanatana0123

コメント

タイトルとURLをコピーしました